fc2ブログ

水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  > 

ひな祭りのジオラマ

ひな人形を作り、ジオラマにしました。

PXL_20240131_062335766.jpg


PXL_20240131_062330489.jpg


PXL_20240204_093205894.jpg

[ 2024/02/12 15:05 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

節分のジオラマ

最近作った和紙人形のジオラマです。節分の豆まきの様子です。


PXL_20240118_080022556.jpg


PXL_20240118_080034603.jpg


PXL_20240118_080107382.jpg


PXL_20240118_080046280.jpg


PXL_20240119_085935776.jpg


PXL_20240119_085924480.jpg


PXL_20240119_233359699.jpg


PXL_20240119_233759894.jpg


PXL_20240123_021713993.jpg
[ 2024/02/12 15:01 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

源氏物語の世界

源氏物語の世界を和紙人形でジオラマにしました。

女性は紫式部、男性は藤原道長のつもりです。
源氏物語を書いている紫式部のところへ、藤原道長が訪れてきた場面です。

PXL_20240211_004057377.jpg


PXL_20240211_004133131.jpg


PXL_20240211_004111330.jpg
[ 2024/02/12 08:13 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

源氏物語の時代に登場する平安貴族の和紙人形

源氏物語の世界のジオラマを作ることにしました。和紙人形で十二単を着ている女性や束帯を着ている男性を表現するのは大変難しかったですが、何とか貴族たちを仕上げましたので、ご覧具ください。

512095.jpg

343189.jpg

323024.jpg

301856.jpg

246578.jpg

229287.jpg

410306.jpg

548640.jpg
[ 2024/02/11 16:12 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

富山新聞に掲載された「和紙人形でジオラマ」の記事

富山新聞2024年1月9日の細入村の気ままな旅人の「和紙人形でジオラマ」の記事

二〇二四・一・九 富山新聞
地元の民話 モチーフに 富山・楡原 佐田さん独学で制作
和紙人形でジオラマ
佐田さんが制作した民話やおわらを題材にした和紙人形 富山市楡原


 富山市楡原の佐田保さん(七六)は、神通峡地域に伝わる民話をモチーフにした和紙人形のジオラマ制作に取り組んでいる。作品は地元の資料館などで展示しており、佐田さんは和紙人形を通じて、多くの人に地元の文化に興味を持ってもらうことを期待している。
 佐田さんは長年、趣味で水彩画や鉄道の紙模型などの創作活動にいそしんできた。二〇〇九年ごろに神通峡の話をまとめ、自身の水彩画を使って絵本を作ったこともある。
 和紙の人形づくりは二二年夏に始めた。インターネットの情報を参考に、見よう見まねと独学で、試行錯誤しながら手を動かしてきた。二三年五月に自宅の別棟を「細入村の気ままな旅人 紙工芸」と命名し、創作活動を本格化した。
 佐田さんは、以前まとめた話を題材にしたら面白いのではないかと考え、昨年秋から民話の一場面を表現するジオラマの制作に取り組んでいる。

人物の姿や衣装 趣向を凝らし
 テーマに合った人物の姿や衣装に趣向を凝らし、藩政期の猪谷にあった関所にちなむ「手品師の関所破り」小糸という村に弘法大師が訪れたという言い伝えに着想した「命の水」などの場面を表現した。
 完成した作品は、富山市細入図書館や猪谷関所館で展示した。現在も猪谷開所館には、「手品師の関所破り」をテーマにした和紙人形が飾られている。
 佐田さんがかつて手掛けた民話の絵本は二〇話以上あり、今後も和紙人形として制作を続ける予定。佐田さんは「子供たちが地元の民話に興味を持ってもらえたらうれしい」と話した。


2024-1-9富山新聞記事
[ 2024/01/14 15:46 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

2024年気ままな旅人の卓上カレンダー

2024年気ままな旅人の卓上カレンダーです。
細入・飛騨の風景です。
希望される方はメールにてご連絡ください。

no1.jpg


富山市猪谷 猪谷駅にて
no2.jpg


飛騨市宮川町 飛騨まんが王国
no3.jpg


富山市割山 割山森林公園天湖森
no4.jpg


富山市牛ケ増 神通峡の春
no5.jpg


飛騨市宮川町 種倉集落にて
no6.jpg


飛騨市河合町 山中和紙の里
no7.jpg


富山市岩稲 岩稲神通温泉「楽今日館」
no8.jpg


飛騨市古川町 白壁土蔵の街並み
no9.jpg


富山市猪谷 蔵のある風景
no10.jpg


飛騨市神岡町 高原川と藤波橋
no11.jpg


富山市猪谷 常虹の滝
no12.jpg


富山市楡原 楡原駅近くにて
no13.jpg



はがきサイズのカレンダーを入れるケースの展開図
B5サイズのボール紙に下の展開図を印刷して、組み立てると、はがきサイズのカレンダーケースができます。
作ってみてください。


展開図
カレンダーケース箱



完成図
PXL_20231227_185408307.jpg

[ 2023/12/27 08:24 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ 命の水

富山市小糸に伝わる昔話を 紙人形でジオラマにしました。

昔話とは、

命の水    富山市小糸
 
 弘法大師が、八二〇年ころ日本の国をめぐりあるいて、人々をおしえ、池や沼をつくって、しゃかいのためにつくされたことは、みなさんは、聞いたことがあると思います。
 この弘法大師が、越中から飛騨へ、神通川にそったけわしい道をあるいて、やがて、小糸の村に入られました。
 大師は、一けんの家にたちよって、 「水を、一ぱいおくれ」と、もうされました。
 この家のおばあさんは、日ごろからしんせつな人でありましたので、
 「これは、これは。たびのおぼうさんですか。すぐさしあげますから、しばらくおまちください。」といって、おくへ入りました。すがたはみすぼらしいが、なんとなく、仏さまのようにありがたいおぼうさんに見えましたので、家にくんである水ではもったいないと、手おけをもって、出かけました。
 ようやく、もって来た水を、大師はうまそうに飲みながら、
 「たいへん時間がかかったようだが、この水はどこからくんでくるのか」と、たずねました。
 おばあさんは、
 「はい、はい。おそくなりまして、あいすみませんでした。
 じつは、六ちょう(六百メートル)ほどのおくの谷間までまいりませんと、おいしい水がわいておりません。それで、ずいぶんおそくなりました。おゆるしください。」と、こたえました。
 大師は、たいそうよろこばれ、
 「村人のなんぎを、すくうことになろうから」といって、ひしゃくにのこった水を、その家のにわにそそぎながら、なにかをとなえられました。
 すると、ふしぎなことに、しみずがこんこんとわき出てまいりました。
 この泉は、今でも、「命の水」とよばれ、小糸村でただ一つの泉として、たいせつにつかわれています。
                民話出典「大沢野ものがたり」


PXL_20231031_083649128.jpg


PXL_20231031_083642476.jpg


PXL_20231031_212437393.jpg


命の水へリンクします
命の水
[ 2023/11/02 03:13 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ 手品師の関所破り

富山市猪谷に伝わる昔ばなしです。
「手品師の関所破り」という、時空空間を飛び超える昔ばなしです。それをジオラマに仕上げましたのでご覧ください。

395716127_3253817501574903_4408879887861430414_n.jpg


396738014_3253817484908238_1269510839123081408_n.jpg


396438142_3253817381574915_6325759961472223976_n.jpg


397433813_3253817454908241_9045845247047264241_n.jpg

手品師の関所破り

第11話 手品師の関所破り  富山市猪谷

 昔、飛騨と越中の国境に猪谷の関所があった。すぐそばを流れる神通川には橋がなかったので、川の向こうへ行く時は、籠の渡しに乗って行った。
 ある時、飛騨から大勢の人が籠の渡しに乗り、神通川を渡ってこの関所へ集まって来た。その中に親子三人の手品師がいた。
 関所の役人は、三人の様子をじろじろと見て、「そこへ来た親子三人、お前らは手品師でないか、こっちへ来い」と呼んだ。
 役人は、「人の目をくらまして、金をむさぼり取るような手品師なら、この関所は通すわけにはいかん」
 手品師は、「何というお役人さま、私らは他の手品師のような、お客さまの目をごまかすような、そんなことはいたしません。ただありのままの芸をいたします」
 役人は「そりゃ、どんなことをするのじゃ、一つ見せてもらうか」
 手品師は、「それでは・・・一升入りほどの鈴を一本かしてください。私ども親子三人が、その中に入ってごらんにいれます・・・」
 役人は、家来に木魚より大きい鈴を用意させて、手品をする台まで並べた。
 いよいよ手品師は、「これからお見せする手品は、大変難しいもので、皆さん十歩ほど下がってくだされ・・・」
そう言うと、黒い風呂敷を上からかぶせて種もしかけもないという話をして、風呂敷を鈴の上へかぶせた。
 そして、まずは子供からと言って、子供をその鈴の中へおしこみ、次に母親を入れた。そして、最後に自分が鈴の中へ入って姿をしてしまった。
 役人は、互いに顔を見合わせて、これは不思議な手品だと言っているが、どれだけたっても、手品師はその中から出て来ない。
 役人は、鈴の中をのぞくだけでなく、しまいには、鈴の中へ火ばしを入れたり、鈴をこわしたりするが、影も形もない。
 不思議なこともあるものと、話し合いをしておるところへ、あきんど( 商人) が入って来た。
 役人は、「これこれ、もしかすると、お前は、かくかくの男と母親と子供の三人の姿を見なかったかい」
 あきんどは、「そうそう、確か三人づれの親子なら、楡原の村の近くで会うたことい」
 役人は、「あー手品師にいっぱい食わされた」
 役人は皆あきれた顔をしておったという。
 これが、手品師の関所破りとして伝えられているということだと。
                                          民話出典「細入村史」


手品師の関所破り



[ 2023/10/30 08:54 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

来年の干支「辰」の和紙人形

来年の干支「辰」を和紙人形で作りました。

391553074_3244517142504939_3732334905076482884_n.jpg


393135104_3245635879059732_2400770433902976377_n.jpg


393207052_3246380415651945_6440475521225746691_n.jpg


393570537_3246380448985275_8302065689991990677_n.jpg
[ 2023/10/24 13:55 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

富山市蟹寺に伝わる伝説

富山市蟹寺に伝わる昔ばなしです。村のお寺滋眼院に大きな化蟹が住み着き、よなよな村人を食い殺し、ついには和尚さんまで食い殺されてしまった。
富山市の海岸寺のお坊さんがやって来て、化蟹と対峙し、ついに化蟹を退治する話です。その場面を和紙人形でジオラマにしました。

お坊さん
393350264_3247187798904540_8986681715959896312_n.jpg

化蟹
393765457_3247187775571209_8131058293086533692_n.jpg

完成した対決している場面のジオラマ
PXL_20231019_235128769.jpg
[ 2023/10/24 13:51 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ 雪わたり

宮沢賢治の童話「雪わたり」を和紙人形でジオラマにしました。

四郎とかん子
387877741_3243623935927593_4339896415732409331_n.jpg

紺三郎
387846147_3243624009260919_303362064304776840_n.jpg

きつねたち
387810998_3243624042594249_3581943390903040000_n.jpg

仕上がった「雪わたり」の幻燈会のジオラマ
PXL_20231019_234614094.jpg
[ 2023/10/24 13:37 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ どんぐりと山猫

宮沢賢治の童話 「どんぐりと山猫」を和紙人形でジオラマに作りました。

一郎
385270047_3237153159908004_7369267957070125199_n.jpg

山猫
385265697_3237153179908002_6240795627831850066_n.jpg

馬車別当
385349833_3237153199908000_7123705789995859008_n.jpg

どんぐりたち
386316188_3237153223241331_7584975799820814975_n.jpg

仕上がったどんぐりと山猫のジオラマ
385494386_3237153116574675_6443086087363876949_n.jpg
[ 2023/10/24 13:29 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ 注文の多い料理店

宮沢賢治の童話「注文の多い料理店」を和紙人形を使ってジオラマにしました。

382598246_3233372166952770_4035356521595039432_n.jpg


382588792_3233372146952772_4107157503345423717_n.jpg


383149772_3233372223619431_3806304314431234574_n.jpg


381391147_3233372203619433_318927202578176135_n.jpg

383228300_3233971063559547_656888000729337959_n.jpg


383202767_3233372236952763_2885188254363709407_n.jpg


380280055_3233372250286095_8927877782138747705_n.jpg


384539977_3233971090226211_1184131461117985585_n.jpg


383470570_3233372136952773_3840745548022831400_n.jpg


381222666_3233991343557519_4380369503443146216_n.jpg
[ 2023/09/28 13:20 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

和紙人形のジオラマ セロ弾きのゴーシュ

宮沢賢治の童話「セロ弾きのゴーシュ」を、和紙人形を使ってジオラマにしました。

377817591_3225719297718057_1399237089602525170_n.jpg


378284869_3226205301002790_8858370364115353149_n.jpg


378281584_3225719317718055_1203218396878754274_n.jpg


378382107_3225719374384716_632316661785217672_n.jpg


378264087_3225719404384713_3355413843262890498_n.jpg


377886926_3225719261051394_3705434429381177150_n.jpg


377584993_3226978174258836_3177984436184352953_n.jpg
[ 2023/09/28 12:03 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

笠寺観音かいわいの人形

笠寺観音かいわいの人形を作りました。

玉照姫


375896497_3220762898213697_5324180301281993676_n.jpg



かんでらもんぜん亭のキャラクターかさねちゃん

375868204_3220762948213692_3262167712176944392_n.jpg


猩々(しょうじょう)

374848545_3221294384827215_2335716685560872181_n.jpg


笠寺フェスのミュージシャン

375876849_3221835191439801_2923574836535941343_n.jpg




[ 2023/09/28 11:54 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

おわら踊り和紙人形 その2

八尾のおわら風の盆で踊る和紙人形を作りました。
この人形は、鏡町です。この町独特の色っぽい踊りです。

371862702_3218499531773367_4769299461814188558_n.jpg


372671301_3218499565106697_6212451733198933125_n.jpg


375603099_3223152207974766_7501228551843987952_n.jpg


373303445_3218499578440029_8590719600950511348_n.jpg


372990820_3218499588440028_5315515947842330485_n.jpg
[ 2023/09/28 11:42 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

おわら踊り和紙人形

八尾のおわら風の盆で踊る和紙人形を作りました。

この人形は今町の男踊り、女踊り、囃してです。

358613192_3184306145192706_8454978255139729021_n.jpg


358464438_3184306115192709_2652678106292159132_n.jpg


358579234_3184306921859295_6525477951629376141_n.jpg


[ 2023/09/28 11:37 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

大沢野 郷土美術作家展に出品

大沢野にある「市民ギャラリー滝」で開かれた第10回郷土美術作家展に和紙人形と水彩画を出品しました。


Scan2023-06-23_093324.jpg


355469983_3173563616266959_6400820981969735371_n.jpg


355717513_3173563639600290_8693185616335616645_n.jpg

和紙人形は、名古屋かすりの会が毎年、名古屋市南区にある笠寺観音商店街の夏祭りで、おわら踊りを披露してくれる様子を表現しました。

355701283_3173563652933622_8029224325978234304_n.jpg


355656145_3173563682933619_5144474972144799123_n.jpg

水彩画は、今までに描いた猪谷にある常虹の滝の絵を六点を展示しました。

355646388_3173563712933616_5298039953940369205_n.jpg



[ 2023/06/23 09:52 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

北日本新聞に私の絵画展の記事が掲載された

5月10日の北日本新聞に、富山市猪谷関所館で開催されている私の絵画展の記事が掲載されたので、紹介します。
絵画展は5月21日までです。ぜひお出かけください。

346070473_583870317169281_717809943233602249_n.jpg
[ 2023/05/12 06:40 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)

細入村の気ままな旅人「紙工芸」オープン

亡き母の部屋を改造して旅人のアトリエにしました。作業は四月の中頃から始め、本棚や必要な道具などを運び入れ、先日ほぼ終了しました。アトリエの名前は、「細入村の気ままな旅人 紙工芸」としました。先日編集した情報誌、神通峡地域のくらしの便利帳の協賛店にも登録しました。
玄関入口にはとりあえず「紙工芸」の看板を掛けました。もう少ししたら立派な看板に掛け替える予定です。
アトリエには、これまで旅人が描いてきた水彩画や作ってきた手作り本、ペーパークラフト、木の実人形、和紙人形などが棚から落ちんばかりに並んでいます。
近くへお越しの際には、ぜひ覗いてみてください。
これを作ってみたいと思う人も大歓迎です。お待ちしています。
連絡先は TEL 090-8093-9103です。


細入村の気ままな旅人紙工芸   のホームページ

細入村の気ままな紙工芸のコピー



343635875_895153101596275_6775099985528339419_n.jpg


343422548_578160281071173_751959208075372390_n.jpg


343443773_1193966744637093_8087105239978334930_n.jpg


343449933_684779539986804_6016317924388718536_n.jpg


343522310_751354586448064_4839657069957232547_n.jpg


343612180_533573142325272_3448944519135195518_n.jpg


343332959_971422407204561_4189996844142583754_n.jpg


343502236_194239816755288_4338805018975830965_n.jpg


343466797_3284397208468776_3440623710495579850_n.jpg


343743181_169101339089892_1297968883170072955_n.jpg





[ 2023/05/07 14:09 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム