水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  2007年03月

神通峡 岩稲

iwaine1
クリックすると大きくなります


神通峡 岩稲


学校が春休みに入り、神通峡「岩稲」にある富山県営漕艇場は、ボートを漕ぐ学生たちで賑わっている。


神通川第2ダムが作った湖水に競技用のボートが浮かぶようになったのは、今から40年ほど前のこと。県立八尾高校ボート部がこの湖水にボートを浮かべて練習を始めたのが始まりだった。やがて地域の会社や楡原中学校にもボート部ができ、平成5年に富山県が「2000年富山国体」を目指して、ここに本格的な漕艇場を建設した。


大学や企業のボート部もでき、ここで練習した選手たちが、国体やインターハイで優勝するのも珍しくない。


湖面を進むボートを、漕艇場のすぐ横に立つ温泉施設「楽今日館」の露天風呂から眺める景色も趣があっていいものだ。

熊野 青岸渡寺

nati2
クリックすると大きくなります


青岸渡寺と那智の滝
  熊野三山の一つ那智大社の横に青岸渡寺がある。ここは西国三十三ヶ所巡礼の一番札所である。一昨年四国八十八カ所巡りを経験した。再び四国八十八カ所巡りに挑戦しようと思ってるのだが、なかなかその時間が取れずいる。西国三十三ヶ所巡りなら時間も短くて済みそうなので、こちらにしようかなと思案中である。もしそうなれば、この寺から第一歩が始まるのだ。そんなことを考えながらお寺をお参りした。
 お寺の境内から、勇壮な那智の滝が見える。絵になる風景だった。季節は2月。山々の杉の木立が黄土色に変色している。花芽が付いているのだ。今年も花粉が大量に飛びそうである。間もなくその季節が始まる。
  

[ 2007/03/29 08:15 ] 熊野古道 | TB(0) | CM(0)

熊野 那智の滝

nati1
クリックすると大きくなります


那智の滝
  「那智の滝前」に到着。時刻はまだ午前八時を過ぎた所である。ようやく開いた駐車場に車を止める。駐車料が五百円とは、びっくりした。
  鬱蒼とした杉林の道をしばらく歩くと、正面に壮大な那智の滝が現れた。高さ一三三メートル、一気に落下する滝としては日本一だという。
  この滝がもつ自然の驚異は、人に神を感じさせる。その昔、この地に那智大社や青岸渡寺が作られたのも理解できる。自然への畏敬の念というのはこういうことなのだろう。
  神子さんが忙しそうに掃除を始めた。社務所から滝壺まで行けるようになっている。滝の拝観料は三百円。
  石段に座ってスケッチを始めた。明るい日差しが大滝を照らしている。うっすらと虹もかかっていた。今日もたくさんの人がこの滝をお参りに来るのだろう。

[ 2007/03/28 07:53 ] 熊野古道 | TB(0) | CM(0)

熊野 橋杭岩

hasikuiiwa
クリックすると大きくなります


橋杭岩
  紀伊半島を一路南下し、串本町に入った所で、不思議な光景が飛び込んで来た。鋭くとがった大きな岩が海に向かってずらりと並んでいる。国の天然記念物に指定されている橋杭岩という景勝地である。
  お坊さんの姿に似た岩もある。「弘法大師が一晩で作ったという伝説が残っている」と、駐車場にいたおじいさんが教えてくれた。「実際の所は、堆積岩の中に埋もれていた硬い岩の部分が、海に侵食される中で残されたのだよ」とそのおじいさんは詳しく説明してくれた。このおじいさんは、観光ボランティアの仕事をしているようだった。
  スケッチしている間にも、観光バスが何台も止まり、観光客が記念撮影をしていた。あのおじいさんは、橋杭岩の説明に大忙しだった。

 


 

[ 2007/03/27 08:48 ] 熊野古道 | TB(0) | CM(0)

片路峡 薄波のお地蔵さんその2


usunai3
クリックすると大きくなります


片路峡 薄波の野仏その2


薄波のお地蔵さんの足下で神通川に合流する長棟川には、舟倉用水の取り入れ口がある。


江戸時代末期、ここから下流域にある舟倉野(大沢野)は、干ばつが続き、飢饉に見舞われていた。大沢野を流れる神通川は、水を満々と湛えているのだが、谷が深く、高台の舟倉野地域には水を引くことが出来なかった。


この地域を治める加賀藩は、舟倉から16km近く上流にあるこの長棟川から水を引く計画を立て、用水建設に着手した。鑿や鏨を使い、険しい断崖にトンネルを掘り、幅1.5m、深さ90cmの水路を切り開いて行った。


工事は難航を極めたが、20年余の年月を経て見事に舟倉用水は完成した。


薄波のお地蔵さんはその時のことを覚えているのだろうか。


 

[ 2007/03/26 08:08 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)

片路峡 薄波のお地蔵さん

usunami1
クリックすると大きくなります



片路峡 薄波のおじぞうさん


旧飛騨街道にはたくさんの石造物が残っている。神通川右岸に沿う東街道(大沢野地区)には、179、神通川左岸に沿う西街道(細入地区)には、172の石造物があるという。東街道は野仏の里と呼ばれている。


片路峡の中ほどにある薄波にもお地蔵さんが残っている。人里遠く離れた薄波は、今は廃村になってしまった。断崖に沿って付けられた旧飛騨街道を歩いて行く。所々に崖が崩れた跡が残っている。冬眠から覚めた熊が出没しそうな場所である。


目指すお地蔵さんは、神通川とその支流長棟川が交わる崖の上に立っていた。その昔、このお地蔵さんの前を、塩ブリを担いだ旅人が通り過ぎて行ったのだろう。


 


[ 2007/03/25 08:27 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)

片路峡 吉野

kataji2
クリックすると大きくなります


片路峡 吉野


神通川縁にある吉野集落と寺津集落を結ぶ旧飛騨街道は片路峡と呼ばれている。


険しくそそり立つ崖の縁に道が付いている。土砂崩れがよく起こる所で、3年前に起きた土砂崩れで今も道は通行止めになっている。


この先に薄波という集落がある。その昔、坂田之金時が住んだという伝説が残り、吉野橋の袂には、坂田之金時を紹介する掲示板が立てられている。先日降った雪も解け、道端にはフキノトウが顔を出していた。あと1ヶ月もすれば新緑に包まれる。ハイキングには最高の道である。


 

[ 2007/03/24 07:58 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)

伊良湖岬灯台

irako2
クリックすると大きくなります


伊良湖岬灯台
  何年か前に、北海道から名古屋までフェリーに乗って旅したことがある。ちょうど明け方、この伊良湖岬灯台の横を通過した。巨大な灯台から、光のパルスが発せられていたのを記憶している。
 今日も、この灯台の横を大きな船が次々に通過していく。ここは、伊良湖水道という伊勢湾を出入りする船の銀座通りである。
 その伊良湖水道には、漁船の姿もたくさん見える。ここは、豊かな漁場でもあるのだ。大アサリはここの名産だ。
 巨大な灯台は、どっしりと腰をすえ、船の安全を祈って、海を見つめていた。

[ 2007/03/23 07:19 ] 愛知県 | TB(0) | CM(0)

神通川第3ダム

damu3.jpg
クリックすると大きくなります。



神通川第3ダム


今日は春分の日。風もなく穏やかに晴れ渡り、遠くの山々の峰がはっきり見える。家々の軒先に祝日を祝う日の丸の旗が立てられている。都会ではまず見られなくなった風景である。


神通川の川原へスケッチに出掛けた。


目の前に聳える御前山の頂は、先日降った雪がまだ白く残り、山肌は冬枯れの赤茶けた色であるが、土手のあちこちにフキノトウが芽吹いている。


 東京で桜が開花したという。今年はどこも開花が早くなりそうだ。富山でも3月末には桜が開花するそうだ。



神通川第3ダムは神通川にある一番下流のダムで、海から上ってきたサケやマス、アユは、このダムで遮断されここから上流へ上ることができない。「ダムの水門の所はいい漁場だよ」という話を思い出した。夏に、この辺りはアユ釣の釣人でいっぱいになる。
[ 2007/03/22 08:54 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)

伊良湖岬の菜の花畑

irako1
クリックスルと大きくなります


伊良湖岬の菜の花畑
  名古屋からの帰りは、渥美半島の伊良湖岬から鳥羽へフェリーで渡り、紀伊半島を巡ることにした。ちょっとした旅行になりそうである。
  渥美半島に入り、なだらかな丘陵地を走る。暖冬の影響もあるのだろうが、春真っ盛りの天候である。
  田原町に入り、ガラス張りの建物があちこちに見え始めた。温室である。ここは電照キクで有名な地だ。そして突然、黄色い絨毯が広がり始めた。菜の花畑だ。黄色い絨毯が太陽にキラキラ輝いている。黄色い絨毯は、伊良湖岬まで途切れ途切れではあったが、続いていた。町が力を入れている様子が伝わって来た。
  伊良湖岬
  伊良湖岬に到着した。太平洋の荒波が打ち寄せる海岸には、広大な砂浜が広がっている。その砂浜のすぐ横には、立派なサイクリング道路が作られていた。今日は平日なのでサイクリングを楽しむ人の姿は見られない。丘の上に巨大なホテルが建っていた。
 「この浜にウミガメが産卵しに来る」と、ずっと昔に聞いたことがあったが、もうウミガメがやって来られるような環境ではないようだ。
  島崎藤村が、「椰子の実」の詩を詠んだのもこの浜辺だという。それで、土産物屋には、椰子の実がたくさん並べてあるのだが、今流れ着くのは外国のゴミばかりなのだろう。
  若い頃にやって来た伊良湖岬と風景は大きく様変わりし、時の流れを強く感じた。

[ 2007/03/21 07:18 ] 愛知県 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム