FC2ブログ

水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  2010年04月

猿倉山からの風景 その二

  sarukurajyousi.jpg
                史蹟 猿倉城跡

  標高三四五・二メートルの猿倉山頂上に「史蹟 猿倉城跡」と刻まれた石碑がある。その昔、ここに山城があったのだという。
  この場所は飛騨街道が東街道と西街道に分かれる交通の要衝であり、越中の飛騨口にあたる。城を築くには最適である。時は戦国の世、飛騨衆の越中における前線基地として、飛騨の三木良頼の部将塩屋秋貞が築いた。
  神通川に面した側は切り立った崖となり、天然の砦になった。城郭や郭などがこの山頂に築かれ、兵が駐屯する建物や食料・武器などを保管する倉庫もあったそうだ。
  しかし、織田勢の越中進出、佐々成政の越中分封、秀吉の越中進出があり、猿倉城も時代の嵐の中で流転し、秀吉の天下統一によって歴史的にその役割を終えたのだという。猿倉城跡から望む景色は絶景である。

猿倉山からの風景 その一

sarukurayamakara.jpg
                    神通峡の風景

 猿倉山へウオーキングに出掛けた。車を一番下の駐車場に止め、遊歩道を上ることにした。頂上まで四十分ほど歩けば行けるのだが、まずは、喫茶店がある中間点を目指す。
  一歩一歩、地面を踏みしめながら上って行った。十分ほどで少し息が弾み始めたが、この分なら中間点までは行けそうだ。
  そして、歩くこと、二十分、何とか喫茶店がある中間点に到着した。喫茶店はまだ営業を始めていないようだ。
足元には、春を迎えようとしている美しい神通峡が広がっていた。
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム