水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡の民話をネット発信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡の民話をネット発信

北日本新聞の記事に載りました。

2017/1/3 号
神通峡の民話をネット発信 細入・大沢野の住民グループ
15825870_1679450739011595_6754203450047119723_n.jpg


 富山市細入、大沢野両地域の住民グループ「神通峡ふるさと創生物語」は、地域に数多く残る民話をホームページ(HP)で発信している。歴史と伝統、文化が豊かな神通峡の魅力を多くの人に伝えたい考え。今後はガイドブックも発行する。

 グループは昨年1月、地域の魅力を再認識し活性化に生かそうと50〜60代の有志で結成した。人口減少や耕作放棄地の増加といった問題を抱える地域の再興を目指している。

 ブログ形式で8月から民話を紹介。民話に挿絵を添えた本や冊子を自主製作している佐田保さん(69)=富山市楡原(細入)=の協力を受け、メンバーの水畑幹夫さん(63)=同市猪谷(同)=が佐田さんの挿絵を付けて週2話程度のペースで更新している。

 落差300メートルもあったという伝説の滝を描く「幻の滝」(片掛・細入)、親子が手品で役人をだます「手品師の関所破り」(猪谷・同)など40話以上を既に掲載しており、2017年末までに111話をそろえる予定。神通峡の各集落の名所やスポットをまとめたガイドブックの発行も計画している。水畑さんは「長年地元に住んでいても知らない民話ばかり。ぜひ読んでもらいたい」と話した。

 HPのアドレスはhttp://ameblo.jp/hurusato2016/
http://ameblo.jp/hurusato2016/entry-12194582782.html
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。