FC2ブログ

水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  ふらり きままに >  福原伸二作 「笠寺観音人質交換記 徳川家康と岡崎衆との絆」

福原伸二作 「笠寺観音人質交換記 徳川家康と岡崎衆との絆」

今日紹介するのは、福原伸二作 「笠寺観音人質交換記 徳川家康と岡崎衆との絆」です。
戦国時代、徳川家康がまだ幼少の頃、尾張織田家人質となっていました。今川家に人質になっていた家来との交換がこの笠寺観音で行われたという短編小説です。
最近のことですが、笠寺観音の境内には、それを祈念する碑も作られました。福原伸二さんの力作をお読みください。

福原伸五部作笠寺観音人質交換記 徳川家康と岡崎衆との絆01のコピー

☟ここをクリックすると本が読めます。
福原伸二作「笠寺観音人質交換記 徳川家康と岡崎衆との絆」


[ 2021/02/12 06:20 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム