水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市梅沢町 海岸寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市梅沢町 海岸寺

 私は、最近、神通峡周辺に残る民話や伝説に興味が出てきて調べ始めた。
 その中に、蟹寺地域に残るおもしろい昔話がある。蟹の化け物を退治した話である。その化け蟹伝説で活躍した禅僧が、富山市梅沢町にある海岸寺のお坊さんだと民話には記されている。それは今から240年も前のことだから、現在もそのお寺があるのか半信半疑だったが、電話帳を開くと、何と「海岸寺」と名前が載っている。これはおもしろいと、早速出掛けることにした。
 梅沢町はお寺が密集しているところだった。富山の寺町に当たるところなのだろうか。そのお寺の中に、目指す海岸寺はあった。「海岸寺」は富山幼稚園の隣り、いや、富山幼稚園を境内で運営しているお寺だった。しか、残念ながら、この日は、和尚さんは不在だった。やはり、アポを取ってから訪れるべきだった。
 アポを撮り、数日後、再び、海岸寺を訪れたが、その時は、卒園式の真っ最中だった。失礼しようかと思ったが、会って頂けるとのこと。しばらく応接室で待つと、気さくな和尚さんが現れた。
 「化け蟹の話は、このお寺を開いた瑛の話として伝わっています。蟹の甲羅をずっと寺宝として保管していたのですが、富山大空襲で焼けてしまいました」と和尚さんは話してくれた。民話・伝説を訪ね歩く旅は、思いがけない人との出会いがあり、実に楽しいものである。
kaiganji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/03/22 14:36 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。