水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅  第一番札所  霊山寺(りょうぜんじ)

四国お遍路の旅  第一番札所  霊山寺(りょうぜんじ)

気ままな旅人の四国八十八カ所を巡る旅が始まった。出発は、一番札所の霊山寺。お遍路のための巡礼用品は、すべて霊山寺で揃えることができるようだ。 
駐車場に車を止め、まずは売店へ直行した。カウンターにいた店員さんが、すぐに近寄ってきた。「お遍路を始めるのですか。それは、それは・・・」と店員さんは慣れた手つきで巡礼用品を揃え始めた。
「納経帳は大き目の方がいいですよ」「菅傘は大きい方がいいですよ」「数珠は長い方がいいですね」「杖は、お経入りですね」と店員さんに勧められるままに、巡礼用品を購入した。金額は2万円を超えた。お遍路を始めるのにもお金が掛かるのだ。
「お参りの仕方は、ここに詳しく書いてあります」と店員さんに説明を受ける。そこへ、「30日掛かって八十八ヶ所のお参りを終えました」と坊主頭の男性がやって来た。顔は日焼けで真っ黒だった。「ご苦労様でした。どうぞお茶を」と店員さんは私への説明もそこそこに、その人と話出した。男性は、お遍路道を歩き通したようだ。すごい人がいるものだ。
すっかり白装束のお遍路姿に変身した旅人は、第1番札所「霊山寺」の本堂へ行った。慣れない手つきで、ロウソクと線香を立て、般若心経を、声を出して詠んだ。お経には振り仮名が付けてあるので、それを詠んでいけばいいのだが、生まれて初めて詠む般若心経はたどたどしいものだった。続いて大師堂でも同じようにロウソクと線香を立て、般若心経を詠んだ。お遍路の旅が本当に始まったのだ。
その後、雨の中でお寺をスケッチした。何とかスケッチは完成させたが、絵は雨の中で描くものではないと思った。
午後5時になり、この日は終了。宿泊は、そこから1時間ほど車で走った土成町にある道の駅に野宿した。近くには町の温泉施設もあり、旅の汗を流すことができた。四国最初の夜は、激しく降る雨の音の中で更けて行った。
no1ryozenji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/06 13:56 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム