水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅 第二番札所  極楽寺(ごくらくじ)

四国お遍路の旅 第二番札所  極楽寺(ごくらくじ)

昨夜降っていた雨はすっかり上がり、青空が広がっていた。お遍路には最高の日和になりそうだ。インスタントラーメンの朝食を終え、身支度をした。白装束に着替え、輪袈裟と数珠を首に掛け、お遍路姿に変身。きりりと身も心も引き締まった。
午前8時、道の駅を出発し、第二番札所の極楽寺を目指して車を走らせた。朝の通勤時刻と重なり、道は結構混んでいる。知らない土地をのろのろ走る旅人の車を、後ろから来た車が次から次へと追い抜いて行く。四国の人は、旅人のようなお遍路の車には慣れているのだろう。
「極楽寺」の道路標識が目に入った。お遍路さんによく分かるように道路標識がしっかりしている。この標識通りに行けば、目的地にきちんと着けそうだ。安心安心。
「極楽寺」に到着した。赤い大きな山門が入口にあるお寺である。駐車場に車を停め、お参りに出掛けた。昨日、習ったように、本堂からお参りをする。ロウソクを立て、続いて線香を3本立て、それから自分の名前と住所を記したお札を納札箱に収めた。お賽銭は、気前よく100円を入れた。お遍路が始まったばかりだから気前がいいのだ。お経帳を開いて、般若心経を詠んだ。時々間違え、自信のないか細い声のお経だった。
大師堂でも同じ手順で納札を終え、お経を上げる。これだけで30分近く掛かった。その後、納経所というお寺の受付で、納経帳に朱印を押して貰った。これは300円と定められていた。八十八ヶ所を巡れば、単純に計算しても26,400円になる。お遍路は本当にお金が掛かるのだ。
境内でスケッチをした。「弘法大師お手植えの長命杉」と立て札がある。杉の巨木が聳え、境内には強い日差しが照り付けていた。今日は暑くなりそうだと思った。

no2gokurakuji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/06 16:14 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム