水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅  第四番札所  大日寺(だいにちじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅  第四番札所  大日寺(だいにちじ)

  大日寺は少し山の中に入り込んだ所にあった。リュックを背負った歩き遍路さんを何人も追い抜いた。早朝に一番寺の霊山寺を出発した人たちなのだろう。
 広い駐車場には車が1台しか停まっていない。前の寺で一緒だった人たちは、もう参拝を終え、次のお寺へ向かってしまったようだ。旅人のペースは相当に遅いようだ。
  朱色の山門が辺りの緑に映えて美しい景色を作っていた。お寺の前にはきれいな川も流れている。いい雰囲気のあるお寺だ。
  お寺に参る前にスケッチすることにした。スケッチしていたら、すぐ横にワゴン車が停まった。ワゴン車から手ぬぐいを頭に巻いた親父さんが、降りて来て、夏みかんの詰まった箱を運び出している。テーブルも下ろしている。今からここで商売を始める雰囲気だ。お遍路さん相手の露天商売のようだ。四国ではこういう商売も成り立つのだ。
  先程追い抜いて来た歩き遍路さんたちが、やって来た。皆、汗をびっしょりかいている。この強い日差しの中では、歩くのは本当に大変だ。「これどうぞ」と露天の親父さんが歩き遍路さんたちに、夏みかんを差し出していた。こういうのをお接待というのだそうだ。歩き遍路さんには、疲れを癒してくれる有難い差し入れだ。
  スケッチを終え、本堂へお参りした。般若心経を詠んだが相変わらず難しいお経だった。しばらくして、がやがやと騒がしくなってきた。団体さんがやって来たようだ。
  納経所で朱印を貰った。ここにもドライヤーが何台も置かれている。もう少ししたら、団体さんたちが、先を争ってこのドライヤーを使う光景が見られるのだろうか。その前に旅人は納経所を後にした。
no4dainitiji2.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/07 09:24 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。