水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅 第八番札所  熊谷寺(くまたにじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第八番札所  熊谷寺(くまたにじ)

  土成健康センターの前を通りかかった。昨夜、旅人が入浴した温泉のある施設だ。旅する者には有難い施設である。全国的にこういう温泉施設ができているが、四国も例外ではないようだ。売店へ行くと、食べ物がいろいろ並んでいた。300円のちらし寿司を買った。納経とお賽銭でお寺に500円納めていることを考えると、節約できる所は、節約しなくてはいけないのだ。美味しいちらし寿司だった。
  第8番札所「熊谷寺」へ行く。車に乗ったまま山門を抜けると、右手に池があった。中程にある島に小さな社が見える。弁天様が奉ってあるようだ。駐車場に車を停めた。すぐ近くに納経所があるが、納経は、お参りを済ませてからと教えられているので、まずは本堂へ・・・。納経所から少し行くと、歴史を感じさせる多宝塔が見えて来た。説明によると、二百年前に建てられたという。立派な多宝塔である。
  本堂と大師堂は、そこから長く延びた石段の上にあるようだ。中門を抜け、石段を上り詰め、本堂に到着した。汗が噴き出し少々バテ気味だ。大師堂はさらにその上にあるようだ。再び石段を上り、大師堂に到着。お参りが終了する頃、お遍路さんの一団が石段を上って来た。皆、疲れたという顔をしていた。車遍路も決して楽ではない。「健康だからこそ、お遍路ができるのだ」と思った。
  お参りを済ませ、木陰でつらかった石段をスケッチした。涼しい風が吹き抜けて行った。季節は真夏のようである。
no8kumataniji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/09 11:06 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。