水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅  第十一番札所 藤井寺(ふじいでら)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅  第十一番札所 藤井寺(ふじいでら)

  切幡寺から藤井寺までは、距離にしておよそ12km。地図で調べてもよく分からないのだが、藤井寺は吉野川を渡った向かい側にあるようだ。とにかく車を走らせることにした。吉野川に架る大きな橋を渡り、しばらく走った所で、「→藤井寺」という道路標識を見つけた。お遍路さんのための案内標識が整備されているのにはここでも感心した。
  無事、藤井寺に到着し、駐車場に車を停めた。何と出口に親父さんがいて、「ここは有料駐車場ですから、料金をお願いします」と言われた。今までお参りしてきたお寺の駐車場は、どこも無料だったので、少々面食らってしまった。「どうして、有料なの?」と親父さんに言うと「ここは、藤井寺の駐車場ではなく私有地だよ」と答えが返って来た。旅人は200円を払った。藤井寺のお陰で、この駐車場の持ち主は潤っているのだから、藤井寺には、きっと、たくさんのお布施を出しているのだろう。
  藤井寺は鄙びた感じのするお寺だった。山門の屋根には、草が生えている。お遍路寺としては同じなのに、何の違いがお寺に格差を付けているのだろうか。八十八ヶ所巡りをしているお遍路さんは、皆立ち寄るのだから、その差は檀家の数の違いなのだろうか。そんなことを考えながら、お参りと納経を済ませた。境内の奥に「ここより焼山寺へ」という道標が立っている。歩き遍路にとっては、ここから焼山寺への道は、距離にして16km、8時間は掛かる難所中の難所だという。きっと、今日もこの道を歩いて行ったお遍路さんがいるのだろう。
  時刻は午後4時半。今日のお遍路はここで終了し、焼山寺近くの「道の駅 温泉の里神山」へ向って車を走らせた。今晩はそこで野宿になりそうだ。
no11fujiidera1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/11 10:46 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。