水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅 第十七番札所 井戸寺(いどじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第十七番札所 井戸寺(いどじ)

  立派なお寺である。観光バスやマイクバスが何台も停まっている。納骨堂や宿泊施設もあり、しっかりお遍路さんを受け入れているようだ。これは前のお寺で出会ったおじいさんの受け売りだか・・商魂たくましく努力しないと、お寺も立派に建て替えられないのだ。
  本堂のお参りを済ませ、大師堂へ行く途中で、足が不自由なお遍路さんとすれ違った。大きなリュックを背負い、金剛杖を突きながら、足を引きずっている。片手もどこか不自由な様子だ。しかも、付き添っている人は誰もいない。1人で旅しているのだろうか。「念ずれば・・・」という話があるが、相当の決意でお遍路を続けているのだろう。頭が下がる。
  旅人は、以前、山陰を旅していた時に出会ったリヤカーを引きながら旅している親父さんの話を思い出した。「四国で、車椅子でお遍路している夫婦連れに会ったよ。旦那が病に倒れて、体が不自由になったのだが、お遍路することを決意し、奥さんが一生懸命車椅子を押していたよ。凄い人たちだったよ」親父さんは、感心した顔で話していた。山陰で出会った親父さんは、この四国をリヤカーを引きながらお遍路していたのだ。あの人も凄い人だったのだと、今更ながらに感心した旅人だった。
  井戸寺には、弘法大師が、錫杖で一夜に掘ったという井戸がある。「この井戸を覗いて姿が映れば無病息災、映らなければ3年以内に不幸がある」という言い伝えが残っている。井戸寺という名前もそこに由来するという。立派なお寺の全景をスケッチした。
  もう昼時だ。どこかで昼食にしなければいけない。団体さんたちは、このお寺の食堂でお昼を食べているのだろう。
no17idoji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/14 10:54 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。