水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 徳島県 >  四国お遍路の旅 第二十三番札所 薬王寺(やくおうじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第二十三番札所 薬王寺(やくおうじ)

  徳島県最後のお寺へ向って出発した。薬王寺へは平等寺から22km。国道の脇を歩いているお遍路さんを何人か追い抜く。歩き遍路の大変さがひしひしと伝わって来た。
  薬王寺に到着した。境内はたくさんの人で賑わっている。お遍路姿の人も多いが、家族連れも多い。薬王寺は厄払のお寺として有名で、年間百万人が参拝するということだ。山の中腹にあり、日和佐の町並みが眼下に広がっていた。
  本堂へ向って、石段を上って行く。不思議なことに石段に1円玉がたくさん落ちている。いや、落ちているというより、撒いてあるという感じなのだ。何か謂れがあって、お金を石段に置くのだろう。お金を踏まないように気を付けながら上って行った。後で分かったのだが、薬王寺には、男厄坂42段、女厄坂33段、還暦厄坂61段があり、石段を1段上がるごとに賽銭を置いて行くと厄が払われるというご利益があるのだそうだ。賽銭を置く人はいても、賽銭を拾う人はいないから、お金が撒いてあるように見えていたのだ。
  お参りを済ませた。次の札所「最御崎寺」は、ここから80km彼方にある。今日はこの日和佐町の大浜海岸で野宿することにした。海岸へ向って車を走らせると、広い川原があるので、車を停め、散歩することにした。
  ベンチにお遍路姿の女性が座っていた。足元には、大きなリュックと菅笠が置かれている。「こんにちは、歩いているのですか」と声を掛けた。「ええ、でも疲れてしまって、昨日からこの町で休んでいるのです」と女性から疲れた声が返って来た。宮崎から歩きに来たのだそうだ。「焼山寺、鶴林寺、立江寺への道が大変でした」と女性は話してくれた。これからが本当に辛いお遍路になる。「頑張ってください」と励ましの声を掛けて別れた。明日、彼女は旅立てるのだろうか。
no23yakuoji1.jpg
クリックすると大きくなります

[ 2008/07/17 09:12 ] 四国お遍路 徳島県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。