水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 高知県 >  四国お遍路の旅 第三十一番札所 竹林寺(ちくりんじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第三十一番札所 竹林寺(ちくりんじ)

  善楽寺から竹林寺へ向けて出発したが、道に迷ってしまった。高知の道には、お遍路寺の標識が少ないのだ。竹林寺が近くにあるという高知港を目指して走ることにした。高知市内に入り、車が多くなる。「高知港」という標識を見つけホッとする。竹林寺はもうすぐのようだ。
  竹林寺は高知港近くの五台山頂上にあった。駐車場には観光バスが何台も停まっている。辺りは大きな公園になり、展望台からは高知市内や浦戸湾が見渡せ、観光スポットになっていた。牧野富太郎記念館や牧野植物園も併設されている。植物学者の牧野富太郎が高知県出身だったことを初めて知った。
  竹林寺本堂へ向って、木々に囲まれた参道を歩いて行く。石畳の参道には、新緑の間を抜けて来た柔らかな光が、差し込んでいる。「チリンチリン」と金剛杖に付けた鈴の音が参道に響いている。何か不思議な世界に入った感じで、石畳を歩いて行った。
  本堂のお参りを済ませ、大師堂へ向う。右手の石段の上に鮮やかな朱色の五重塔が聳えている。立派な五重塔だ。観光客の一団が、石段の所に並んで記念撮影をしていた。お遍路寺でありながら、お遍路さんと観光客が混在している景色を見たのは、このお寺が初めてだった。観光客はお参りに来たのではなく、このお寺を見学に来たようだった。庭園の見学は有料になっていた。
  大師堂のお参りを済ませ、五重塔をスケッチした。たくさんの人の中でスケッチするのは恥ずかしい。「上手ですね」と覗き込んできたおばさんから言われた。この旅の中で、腕前が上達したのだろうか。
no31tikurinji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/21 08:53 ] 四国お遍路 高知県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。