水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第四十一番札所 龍光寺(りゅうこうじ)

四国お遍路の旅 第四十一番札所 龍光寺(りゅうこうじ)

  昨夜、思いがけないことがあった。岩手のおじいさんが同じ道の駅に宿泊したのだ。「明日の出発を考えると、この道の駅が1番近いのです」と、おじいさんは物静かな口調で話していた。地図をよく調べ、慎重に行動している様子に感心する旅人だった。
  夜が明けた。昨夜、寝汗をかいたこともあり、体調は、今一つの感じだ。岩手のおじいさんも起きているようだ。車の横を通ると、薄暗い車内におじいさんが座っているのが見えた。よく見ると、仏壇に向って手を合わせていた。おばあさんに祈っているのだろうか。おじいさんは「同行三人」でお寺を巡っているのだと思った。
  次の札所「龍光寺」へ向けて出発した。小さな踏切が見え、警報機が鳴っていた。宇和島へ向う予土線だ。しばらくすると、たった一両のディーゼルカーが走り抜けて行った。旅人が住む細入の風景に似ていた。
  愛媛県に入ってから、お遍路寺の案内表示がよく目立つようになり、安心して走って行ける。行政が力を入れているようだ。迷うことなく龍光寺に到着した。
  鄙びた感じのするお寺だ。お遍路さんがたくさんお参りしている。このお寺は、三間町にあるのことから「三間のお稲荷さん」と呼ばれているそうだ。お遍路さんの中にも、商売繁盛や開運出世を祈願している人が、たくさんいるのだろう。
  大師堂をスケッチした。お寺の屋根や屋根を支える梁など、独特な様式で建てられている。大師堂の横には、石灯籠、石塔、お地蔵さん、キツネの石像など並んでいる。本堂の前にもいろいろな石像が並んでいる。このお寺は本当に賑やかだ。
no41ryukoji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/26 07:58 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム