水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第四十三番札所 明石時(めいせきじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第四十三番札所 明石時(めいせきじ)

  仏木寺から30分ほどで明石寺に着いた。駐車場にはたくさんの車が停まっている。観光バスも何台かある。愛媛県に入ってから、お遍路寺が賑わっている。
  参道を歩き、石段を少し上ると、石段の先に立派な山門が見えて来た。屋根には赤瓦が使ってある。赤い屋根を見たのは、このお寺が初めてだ。石段を上り詰めると本堂があった。本堂も立派で、ここの屋根も赤瓦で拭かれ、柱も朱色に塗られていた。今はくすんで歴史を感じさせる建物だが、出来た頃は、真っ赤な光を放っていたのだろう。
  団体さんのお経が終わってから、旅人はお経を詠み始めた。般若心経の最後の部分で、息継ぎの仕方がよく分からなかった所が、すらすら詠めるようになっていた。旅人にとっては、団体さんは、大切な先生になっているようだ。
  納経所へ行くと、納経帳が山積みになっていた。受付のお坊さんが、大忙しで納経帳に朱印を押している。愛媛のお寺は、繁盛しているようだ。
  山門をスケッチしようとしたが、石段に隠れて、山門全体が見えない。そこへ、カメラをもった親父さんがやって来た。山門を狙ってシャツターを押している。「残念だね。もう少し後ろへ下がれたら、山門が全部入るのに」とぶつぶつ言っている。「私もそう思っていたのです」と旅人が言うと「絵なら、描けるのではないの」と、親父さんは不思議な顔をした。「私は見た通り描いているから、カメラと同じですよ」と言うと「なるほど。絵も写真も一緒か」と親父さんは分かったような顔をして去って行った。旅人も、山門はあきらめ、本堂をスケッチした。
no43meisekiji1.jpg
クリックすると大きくなります

[ 2008/07/27 09:50 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。