水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第四十七番札所 八坂寺(やさかじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第四十七番札所 八坂寺(やさかじ)

  午後5時少し前、八坂寺に到着した。納経所終了まであと数分。何とか間に合ったようだ。団体さんの一団が、マイクロバスから降りて来た。彼等も皆あわてている。「午後5時、納期所終了」という決まりは、どのお寺でもかなり厳格に守られているようだ。
  納経を終え、お参りに行く。団体さんと一緒のお参りになった。彼等を案内しているお坊さんに、どこかのお寺で会ったような気がするのだが思い出せなかった。静かな境内に、般若心経が響き出した。お経はよく揃っていて、大きくなった小さくなったりしながら、旅人の体にも響いて来る。線香の白い煙が、合掌している人たちの間をゆっくりと流れて行った。
 境内にあるベンチに座り、スケッチを始めた。すぐ前で、若いお坊さんが掃除をしている。お寺の一日もそろそろ終了するのだろう。気が付くと、黒い物が目の前を飛び交っていた。やぶ蚊に囲まれてしまったようだ。旅人は急いでスケッチを仕上げると、その場を退散した。不思議だったのは、若いお坊さんが、平然と掃除をしていたことだ。彼だって、やぶ蚊の攻撃を受けているはずなのに、どうして平然と掃除を続けてられるのだろう。「心頭を滅却すれば、蚊もまた涼し」ということなのだろうか。実のところは、「虫除けスプレーをしっかり塗っていた」ということなのかも知れない。
  八坂寺のお参りを終え、松山市内から15kmほど山へ入った広田村にある「道の駅ひろた」で野宿した。大宮から四国旅行に来ていた夫婦連れと一緒になり、その夜は、楽しい晩餐になった。その夫婦連れは、旅人が住む細入村にある温泉にも、立ち寄ったことがあるという。旅の話は深夜まで続き、少々寝不足の一夜となった。旅することは素晴らしい。
no47yasakaji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/29 10:11 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。