水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第四十八番札所 西林寺(さいりんじ)

四国お遍路の旅 第四十八番札所 西林寺(さいりんじ)

  「道の駅 ひろた」の横を自転車通学する中学生の一団が走って来る。白いヘルメットをきちんと被り、制服もピシッと着て、一列になっている。だらだらした所が全く感じられない。「おはようございます」と大きな挨拶をしながら、旅人の前を通り過ぎて行った。「きびきびしていて、気持ちがいいですね。今時、珍しい中学生たちですね」と、大宮から来ている親父さんも感心していた。そういえば、ここの道の駅は、他の道の駅と少し違った所がある。普通なら設置してある、ゴミ箱や自動販売機が全くないのだ。しかも、掃除は行き届き、ゴミ一つ落ちていない。道の駅も生半可ではないのだ。広田村は、大人たちもビシッとしているのだ。すがすがしさを感じさせる村だった。
  西林寺へ到着した。山門を入ると、一人の若者が絵を描いていた。はがきにペンで描いている。たくさんのお遍路さんが、彼のスケッチを覗きこんでいた。「上手いですね」という声も聞こえて来る。本当に上手な絵だ。今まで描いたペン画も、ストックブックに入れて、展示してある。「ペン画はこう描くのですよ」と彼は、自信満々で描いている。プロの絵描きなのだろうか。「一つのお寺で1日過ごすことにしています。何枚も描くから、そのお寺の建物はほとんど描きますね」と若者は答えた。一つのことを徹底してやるということが大切なのだ。それに比べて、旅人は実にいい加減なスケッチを描いている。深く反省した旅人だった。
  お参りを済ませ、お寺の山門をスケッチした。山門の向こうでは青年がペン画を描いている。旅人は、久しぶりに緊張しながらスケッチを描いた。「このお寺には、絵描きさんがここにもいるのだ」と言いながら、お遍路さんが旅人の横を通り過ぎて行った。
no49sairinji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/07/29 14:53 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム