水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第五十四番札所 延命寺(えんめいじ)

四国お遍路の旅 第五十四番札所 延命寺(えんめいじ)

  松山から今治へ向って車を走らせた。午後4時半、延命寺に到着した。今日は、このお寺でお参りは終了である。
  境内へ入ると、参道の横に茶店がある。土産物や駄菓子などが細々と店先に並んでいた。本堂と大師堂をお参りし、納経も終え、本堂をスケッチすることにした。茶店の横でスケッチしていると、やぶ蚊の襲撃に会い、何箇所か刺されてしまった。痒くて、ボリボリ腕や首を掻いていると、「何や、蚊に刺されたのか」と茶店のおじいさんが家の中から出て来た。「これ使いな」とキンカンを貸してくれた。親切なおじいさんだ。「やぶ蚊が多くて、わしもよく刺される」とおじいさんは笑っている。
  そこへ、汗まみれの青年がやって来て、店先のキンカンの瓶を取って、腕に塗りつけ、去って行った。「あの青年は、ここで仕事をしているのだが、刺された、刺されたと言ってやって来るよ。お寺にやぶ蚊はつきものさ」と、おじいさんは再び笑った。この茶店にのんびり座って、このおじいさんと話をしていくお遍路さんが多いのだろうと思った。本当に気さくなおじいさんだった。
  お寺の山門を出た所で、バッタリ豊橋の青年に会った。元気そうだった。「てっきりずっと先のお寺を巡っていると思っていたのですよ」と旅人が言うと、「私も同じように思っていたのです。今日は、海で泳いで来ました」と青年は笑顔で話した。不思議な縁である。
  その夜は、しまなみ街道の来島大橋が見える小糸展望公園の駐車場が野宿の場所になった。野犬が何匹もうろつき、トイレに行くのが心配な公園の夜は更けて行った。
no54enmeiji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/08/01 06:12 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム