水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 愛媛県 >  四国お遍路の旅 第五十五番札所 南光坊(なんこうぼう)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第五十五番札所 南光坊(なんこうぼう)

  小糸展望公園の朝は早かった。近くに車が停まる音で目が覚めた。時刻は午前5時前だった。寝袋から顔を出すと、カメラを担いだ親父さんが歩いていた。来島海峡の朝焼けを写しに来たようだ。ここは、カメラマンが集まるメッカでもある。
  外へ出ると、空はどんより曇っていた。今日は土曜日だ。続々とカメラマンが集まって来る。皆、顔馴染のようだ。そろそろ日の出の時刻になるのだが、雲が厚く日の出は見られないようだ。カメラマンたちは、がっかりしながら、それでも白い来島大橋を見つめていた。大きな船が何隻も通過して行く。海峡は、潮の流れが速く、よい漁場でもあるようだ。小さな漁船が大きな船の間を縫うように走って行く。白い橋と渦巻く海峡を走る船と夜明けの赤い太陽が重なった景色を想像した。カメラマンが狙っている風景が目に見えるようだ。
  南光坊は、小糸展望公園から15分ほど走った今治駅の近くにあった。午前8時過ぎお寺に到着した。時刻が早く境内にはお遍路さんの姿はない。本堂と大師堂をお参りしたが、火の付いたローソクは2本だけだった。お遍路さんが行動を始めるのは、午前9時を過ぎてからのようだ。
  大師堂をスケッチした。そこへ割腹のある親父さんがやって来た。「どこから来たのかい」と聞かれ「富山から来ました」と答えると、「俺は若い頃自転車遍路をしたよ。すごい旅だったね。今から思い出してもぞっとすることがあったよ。若かったからできたのだね」と親父さんは体験談を話してくれた。「スケッチしながら旅しているとは、大変だが、頑張れよ」と励ましてくれた。四国の人がお遍路さんに親切なのは、お遍路を体験していることにも理由があるようだ。
no55nankobo1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/08/02 06:38 ] 四国お遍路 愛媛県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。