水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  四国お遍路 香川県 >  四国お遍路の旅 第八十一番札所 白峯寺(しろみねじ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

四国お遍路の旅 第八十一番札所 白峯寺(しろみねじ)

  国分寺から国道11号線をしばらく走り脇道へ入ると、次第に山道になる。白峯寺は山の中にあるお寺だった。
  小さな山門をくぐり、薄暗い境内へ入ると、正面に崇徳天皇の菩提をとむらう頓証寺殿が見えてきた。本堂と大師堂はそこから石段を上った所にあるという。
  見上げるような石段を上り、本堂へお参りに行く。辺りは薄暗くローソクの火が明るく感じられる。お参りを終え、大師堂へ行くと、大きな犬を連れたおばさんが歩いて来た。手にはバケツを下げている。「何をするのかな」と見ていると、おばさんは、香盤の中の燃え残った線香やローソクを集めバケツに入れ始めた。
 旅人がずっと疑問に思っていた一つが解決した。それは、「お遍路さんがお参りするために立てたローソクはどうなるのか」ということだった。お寺の人が毎日夕方、バケツで回収していたのだ。こうして次の日のお遍路さんは気分よく、最初のローソクを立てられるのだ。ところで、回収されたローソクはどうなるのだろうか。新たな疑問が生まれたのだが、この疑問は、お遍路の中で解決されるのだろうか・・・。
  スケッチを始めたら、白い帽子を被った親父さんが石段を下りてきた。さっきすれ違った人だった。「今日はここで終わりですね」と声を掛けると、「いや、まだ5時まで15分あります。次のお寺へぎりぎり間に合いそうですよ」と親父さんは車へ走って行った。旅人もスケッチを大急ぎで終了させ、次の札所を目指して車を発車させた。
no81siromineji1.jpg
クリックすると大きくなります
[ 2008/08/15 14:34 ] 四国お遍路 香川県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。