水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  笠寺観音かいわい >  名古屋市南区 笠寺観音 秋の仁王門

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名古屋市南区 笠寺観音 秋の仁王門

kasaderakannonaki1.jpg
                      F4サイズ

  笠寺観音の仁王門前に、これほどの桜の木があることを知らなかった。今日、山門と池と池に架かる石橋を描いていて初めて気が付いた。この近くの桜の名所といえば、丹八山の名前が浮かぶのだが、この桜もみじの美しさから想像すると、笠寺観音も桜の名所の一つになるのではないだろうか。来年の春、この仁王門の桜の木の下で、友と一緒に花見の宴をしたらさぞかし楽しいだろうなと思った。
  それにしても、笠寺観音の桜に、どうして気が付かなかったのだろう。小学生の頃は遊びに夢中で、気が付かなかったことは理解できる。中・高生の頃は、部活や異性への興味・関心が強く、桜に気が付かなかったことも理解できる。しかし、いい大人になってからも、なぜ桜の木に気が付かなかったのだろう。
  考えてみると、あの頃は、子育てや仕事に追われ、笠寺観音をいつも駆け足で通り過ぎていたような気がする。自転車のペダルを漕ぐ姿が蘇えって来る。笠寺観音の風景を楽しむという余裕は全くなく、一日一日を必死に生きていたようだ。だから桜の木の存在に全く気が付かなかったのだろう。
  慌しい毎日から解放されて、久しぶりに笠寺観音を訪れ、馬頭観音や行者堂・桜の木など新しい発見が続いている。今日は、まだまだ期待できそうである。
[ 2008/12/14 22:14 ] 笠寺観音かいわい | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。