水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  飛騨市 >  飛騨市河合町有家 「山中和紙の里」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛騨市河合町有家 「山中和紙の里」

kawaifuyu81.jpg
                     F8サイズ   

  この絵は冬の飛騨市河合町有家第2弾である。前回描いたサイズはF4号。太陽の光に微妙に色を変えながら輝く風景に感動した旅人だったのだが、前回の風景では描き足りていない。それでもう少し大きいサイズのF8号で描き直した。しかし、残念ながら今回も不満足の絵になってしまった。
  そんな時、何という偶然か、描いている家の清水さんから手紙と冊子が届いた。「コウゾの寒干が始まったら連絡するから、描きに来てください」という内容の手紙と山中和紙の歴史を綴った本だった。和紙作りを続けている清水さんからの手紙は本当に嬉しい便りだった。
  山中和紙の歴史を綴る本は、飛騨河合手漉和紙組合が中心なり、和紙作りを伝承する内容がまとめられていた。2年ほど前に、山中和紙を作っている柏木さんの所を訪問したことがあるので、書かれていることについては大体理解できたが、和紙を作る大変さがひしひしと伝わって来た。素晴らしい本を作られたと思った。
  今年は、どうも暖冬のようで、清水さんは、コウゾの寒干には苦労してみえるのではないだろうか。「描きに来てください」と電話が掛かるのを楽しみにしている旅人である。

[ 2009/01/25 19:34 ] 飛騨市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。