水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  飛騨市 >  飛騨市宮川町種蔵  種蔵の冬風景その2

飛騨市宮川町種蔵  種蔵の冬風景その2

tanekurafuyub1.jpg
                      F4サイズ 

  種蔵集落は国道360号線から少し山手に入った所にある。種蔵へ通じる道路の除雪も確保されているようで、豪雪の時期も交通の便が途絶えることはないようだ。しかし、集落には店屋は一軒もない。種蔵の人たちは、生鮮食料品をどこで確保しているのだろうか。国道沿いに酒屋が一軒あるが、たぶん宮川の街中まで買いに行くのだろう。いや、大きなスーパーのある飛騨古川まで行く人もいるのかも知れない。とにかく、雪の降る冬の大変さがひしひしと伝わって来た。
  飛騨の名物に、漬け物ステーキなるものがある。漬け物をステーキのように油で炒めて、それをたまごで絡め、その上に鰹節を載せて出来上がりである。素朴だけど美味しい料理だ。この種蔵の家庭でも、食卓に漬け物ステーキが載っているのかも知れない。
  種蔵から、さらに山を上って行くと、菅沼集落がある。除雪もままならないようで、この日は、その道は雪で埋まっていた。きっと、冬は厳しい生活を強いられているのだろう。菅沼集落の冬景色も描いてみたいと、旅人は思った。
[ 2009/03/04 16:48 ] 飛騨市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム