水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  飛騨市 >  飛騨市宮川町種蔵  雪道と土蔵

飛騨市宮川町種蔵  雪道と土蔵

tanekurac1.jpg 
                      F4サイズ
 
  種蔵集落の凍てついた道をどんどん上って行くと、集落全体が見渡せる所へ出た。去年の秋、架稲のある風景を描いた場所だ。美しい雪景色が広がっている。
  すぐ横を見ると、土蔵がある。種蔵には、板倉しかないと思っていたのだが、土蔵もあるようだ。この土蔵はだいぶ朽ち果てていて、壁が所々剥がれ落ちている。板が並べてあるのは雪囲いなのだろう。この土蔵は絵になる風景だと思って、スケッチを始めた。
  雪道には、車のわだちや、旅人が歩いて来た踏み跡もはっきり残っている。その景色も入れた絵にした。雪国でしか描けないおもしろい絵になったようだ。
  季節は3月も半ば。春が駆け足で近づいて来ているが、雪もちらついている。こういう風景を見るチャンスは、まだありそうだ。種蔵の雪景色をもう一度見に出掛けてみようか。
[ 2009/03/12 18:18 ] 飛騨市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム