水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  飛騨市 >  飛騨市神岡町 高原川沿いの風景

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

飛騨市神岡町 高原川沿いの風景

takaharagawasoko1.jpg
                       F4サイズ

  今日は6月2日。夏服に衣替えした中学生たちは、家の前を歩いて行った。我が家でも、朝から、上さんが石油ストーブを片付け、扇風機を準備していた。そしたら昼頃から急に暑くなり、「今日の富山は、最高気温が31.9度。真夏日です」とラジオからアナウンサーの叫ぶ声が聞こえて来た。上さんの予想は的中。いよいよ本格的な夏を迎えたようである。
  そんな中、朝から、旅人は先日スケッチした絵に色を付けている。旅人が日頃使う絵の具は、透明水彩である。10年ほど前、「絵を描くならこれを使いなさい」と、妹が贈ってくれたものだ。ところが、今日は、不透明水彩絵の具を使っている。今まで本格的に使ったことのない絵の具を使っての苦戦が続いていた。
  実は、先日、細入の教育委員会から、「子どもたちに水彩画を教えてほしい」と依頼を受けたのだ。子どもたちが使っているのは、不透明水彩絵の具である。旅人は、その絵の具を使って本格的に絵を描いた経験がない。それで、慣れない絵の具を使っての試みが始まった。最近になって、「不透明水彩絵の具とはこういう特徴があるのだ」ということが少し分かり、子どもたちにも教えられそうな気がしてきた。
  今日は、その成果をみようと、神岡のスケッチに色を付けていたのだ。絵は完成した。これなら、不透明水彩も描けそうだ。
[ 2009/06/02 16:55 ] 飛騨市 | TB(0) | CM(1)
不透明水彩での絵、くっきりとした色合いで、写真の様に見えますね。
私は、透明水彩画を描いたことが無いので、憧れています。
いつも、素敵な絵を楽しみにしています。
[ 2009/06/02 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。