水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  笠寺観音かいわい >  名古屋市南区 笠寺観音 鐘楼

名古屋市南区 笠寺観音 鐘楼

kasaderakannonsyoro1.jpg
                F4サイズ
 
  笠寺観音に鐘楼がある。江戸時代の建物で、尾張名所図会にも、この鐘楼の絵が載っている。この鐘楼に吊り下げられている梵鐘は、鎌倉時代に作られたもので、野間大坊、甚目寺の梵鐘とともに、尾張三大古鐘といわれているそうだ。
  この鐘楼の周りで、かくれんぼをしたり、鬼ごっこをしたりした思い出があるが、大晦日の出来事は忘れられない。
  今から20年ほど前のことだ。旅人の子どもたちが成長し、大晦日も夜中まで起きていることができるようになった頃だった。初詣に出掛けることにした。この辺りでは、熱田神宮へお参りに行くのが普通なのだが、夜中であるし、大変遠いので、近くの笠寺観音へ出掛けることにした。
  暗い夜道を歩いて行くと、遠くから鐘の音が聞こえて来た。これから向かう笠寺観音の方から聞こえて来るようだ。笠寺観音で除夜の鐘を突いているのをその時初めて知った。不思議なことは、鐘の音の間隔が決まっていないことだった。長い時もあれば短い時もあるのだ。不思議な除夜の鐘だった。
  笠寺観音に着いて、その理由が分かった。何と、除夜の鐘は、お参りに来た人たちが突いていたのだ。だから、不定期だったのだ。もちろんその後、旅人の家族が除夜の鐘を突いたことは言うまでもない。
  笠寺観音の除夜の鐘は、108をはるかに超え、列に並んだ人が途切れるまで鳴り響いている。その当時、一突き100円だったように記憶しているが、現在は、200円になっているという話だった。大晦日には、笠寺観音の梵鐘を突きに出掛けてみてはどうですか・・・。
[ 2009/07/01 17:25 ] 笠寺観音かいわい | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム