水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市吉野 豪雨の片路峡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市吉野 豪雨の片路峡

gounokatajikyo1.jpg
              F4サイズ

  何年か前のことになる。旅行雑誌「サライ」の表紙を、細入の風景が飾ったことがある。「激しい豪雨に耐えて、山桜が待っていてくれた」というタイトルの神通川の写真だった。
 「こんな風景が神通川にあったかな」とその写真をみて不思議に思った。よくよく考えて、片路峡ではないかと思ったのだが、濁流が渦巻き、いつも見慣れていた片路峡の風景ではなかった。知人に見せたら、「これ、本当に片路峡かい」と知人も驚いていた。
  梅雨前線が居座り、豪雨が降った日、その光景を目にした。いつもは、川原が広がる片路峡は、濁流が渦巻き、見たことのない風景が広がっていた。
  さっそく、吉野橋の上でスケッチを始めた。通り過ぎる車が、クラクションを鳴らしながら走り去っていった。「こんな日にスケッチとは、物好きな人がいるものだ」と思ったのだろう。
  家へ帰って、「サライ」を引っ張り出して見てみると、その時の豪雨はもっと凄かったようだ。本当に、決定的瞬間だったからこそ、表紙を飾ったのだと理解した。
[ 2009/07/23 08:28 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。