水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  笠寺観音かいわい >  名古屋市南区 笠寺観音 立派な手洗い場

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名古屋市南区 笠寺観音 立派な手洗い場

kasaderakannontearaiba1.jpg
                       F4サイズ

  笠寺観音の水かけ地蔵を描かなくてはと、手洗い場にあるお地蔵さんを眺めていたら、人のよさそうなおじいさんが話し掛けてきた。 
  「おみゃーあさんは、水かけ地蔵を眺めていりゃーすが、この水かけ地蔵が入っとる手洗い場の建物の方が、値打ちがあるんだよ。描くならこの建物を描いてほしいなあ」とおじいさんは話出した。
おじいさんの話では、この建物は、寄席棟作りという手法で作られ、これほど立派な手洗い場は、全国的にも数が少ないということだった。
  おじいさんの話の中で、一番驚いたのは、この建物を寄贈したのは、笠寺出身の「小菅剣之助」という人で、将棋界では今も昭和時代の名人として語り継がれているということである。柱には、昭和八年小菅剣之助寄贈と大きな看板が掛かっていた。
  「この巨大な石の手洗い桶にも、小菅剣之助の文字が刻まれているのだが、水かけ地蔵がじゃまをして見えなくなってしまったよ」とおじいさんは恨めしそうにお地蔵さんを見つめていた。
   旅人は、水かけ地蔵は、後回しにして、立派な手洗い場を絵にした。おじいさんは満足してくれるかな?
[ 2009/08/05 14:41 ] 笠寺観音かいわい | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。