水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市小糸 尾萩野

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市小糸 尾萩野

ohaginoakidayo1.jpg
                     F4サイズ

  小糸集落では、昭和三十年代、米作りをし易くするために、水田の耕地整理がありました。「尾萩野」と呼ばれるこの台地は、その時の土地改良事業で誕生しました。
  当時、この地域は、養蚕が主たる産業で、辺り一面桑畑でした。この台地には川がなく、水不足は日常的なことだったからです。
  この地域でも稲作が出来るようにしようという目的で、土地改良事業が始まりました。大型機械が連日入り、大変な作業が行われたそうです。その作業の中で、この地域に昔から残っていたお地蔵さんにまつわる物語が生まれました。それが、「尾萩野の首なし地蔵」というお話です。
  「首なし地蔵」というタイトルは大変物騒ですが、決して妖怪の話ではありません。土地改良事業をする中で、取り残されたお地蔵さんが、事故に会い、首が折れてしまったのです。それを発見したおじいさんとおばあさんが、手厚く修復し、元の場所に戻してあげるという大変心温まるお話です。旅人は、これを絵本にしようと奮闘中です。
[ 2009/09/27 19:26 ] 富山市 | TB(0) | CM(1)
始めまして。水彩画ネットワークで知りお邪魔しました。
きっちり描き込まれまた奥行きのある素敵な作品ですね。
今後も楽しませて頂きます。
[ 2009/09/28 15:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。