水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市楡原  上行寺の「三帰妙王」像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市楡原  上行寺の「三帰妙王」像

sankimyoou1.jpg
            F1サイズ

  「旅人が取り組んでいる絵本作りについて、詳しく話を聞きたい」と、ケーブルテレビ富山から取材依頼があった。「テレビ出演とは、とんでもない」と断ったのだか、五分くらいの内容ですからと、強引に押し切られた。
  朝八時半、猪谷駅前の森下友蜂堂でビデオ撮りがスタートした。展示している旅人の水彩画を説明したり、作成した絵本の内容を説明したりした。取り直しもあり、結構時間が掛かった。
最後は、楡原にある上行寺でのビデオ撮りだった。ここは、「畠山重忠伝説 サイの角」という伝説が残るお寺である。住職さんは不在で、奥さんが応対してくれた。
  ビデオ撮りも最終を迎え、畠山重忠が刻んだといわれる「三帰妙王」像の撮影があった。一年に一度しかご開帳しない秘法である。テレビ撮影ということで特別に許可されたようだ。
  旅人は、ただ見ているのはいやだとばかりスケッチの許可をもらい、描いたのが、この絵である。神秘的な表情には、異国の匂いが漂っていた。思わぬごほうびに大満足の旅人だった。ケーブルテレビ富山さんありがとう。
[ 2009/10/25 18:56 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。