水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  富山市 >  富山市加賀沢 秋の宮川

富山市加賀沢 秋の宮川

 kagasawatizu01.jpg
                       F2サイズ

  岐阜県と県境を接する細入地域に、「加賀沢」と呼ばれる所がある。今も、家が一軒あり、夏場の鮎釣り時には、人が住んでいるような気配がある。昭和の三十年代には、ここに集落があり、大勢の人々が生活していたのだが、急速に過疎化が進み、今は廃村となっている。
  この地域に残る民話はないか調べていて、ようやく見つけたのが、「狐に化かされた山伏」というお話である。 
  蟹寺から加賀沢へ向かって歩いていた山伏が、道で昼寝をしていた狐を馬鹿にしたことから、ひどい目にあうという民話で、石灰岩を焼いて肥料になる石灰を作っていた石灰焼き場がここにあったという話も出てくる。当時の様子が、かいま見られる民話である。
  調べてみたら、蟹寺や加賀沢には、良質の石灰岩が取れる所が何箇所もあり、明治時代には、ここから笹津まで馬に石灰を積んで運んでいたということだ。石灰岩は、地域を支える大切な資源として活用されていたようだ。民話は、その当時の人々の暮しや考え方を知る上で、貴重な手がかりを与えてくれるものだということを認識した。
  今、加賀沢を流れる宮川は、秋色に染まっている。昔、ここに住んでいた人がこの絵を見たら、何を思うのだろうか?
[ 2009/11/04 19:22 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム