水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市伏木 伏木神明社 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市伏木 伏木神明社 

fusikisinmeisya1.jpg
             F2サイズ

  朝晩の冷え込みがきつくなり、紅葉もそろそろ見納める頃になった。この時期、茶色くくすだ山肌を、色鮮やかに飾るのが、黄色く色付いたイチョウである。
伏木神明社のイチョウの木は立派である。樹齢がどのくらいなのか、はっきりしないが、境内がまっ黄色になるので有名だ。この日、落葉時期を迎えた神明社は、黄色い絨毯を敷きつめ、光り輝いていた。
  この神明社には、河童伝説の話が伝わっている。お婆さんが助けた河童が、山伏姿の行者となり、再来し、打撲や捻挫などにきく妙薬の製法を教えてくれるという話である。その話の中には、お婆さんが、神通川から仏像を拾い上げるという逸話も登場する。その時の仏像が、今も、この神明社に奉られているということだ。
  最近、旅人は、絵本作りに熱中している。作り始めた頃は満足していた簡単な絵本も、満足できなくなり、本格的な表紙のある絵本を作ろうと苦戦奮闘中である。さてさて、どんな絵本ができるのだろうか?
[ 2009/11/24 15:37 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。