水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  福井県 >  福井県高浜町  道の駅「シーサイド 高浜」 その1

福井県高浜町  道の駅「シーサイド 高浜」 その1

takahama2.jpg
        道の駅「シーサイド 高浜」
 
 午後五時半、道の駅「シーサイド高浜」に到着した。辺りはすっかり暗くなっている。タオルを持ち、風呂へ行く。 ここの風呂には、日本海側を旅する時には必ずと言っていいほど入っている。旅人には、お気に入りの風呂である。風呂自体は、沸かし湯なのであまり特徴はないが、休憩室に飾ってある絵が素晴らしい。
 地元作家、貝井春治郎氏のカジキ漁を描いた巨大な油絵である。厳しい冬の海で、獲物と格闘する漁師たち、その背後には、巨大なカジキが鋭い目を開いてにらみつけている。この絵に出合ったのは、今から十年ほど前になる。旅人が絵を描き始めた頃で、悪戦苦闘していた時、「絵はこのように描くのですよ」と教えてくれた作品である。この日も、休憩室の入り口に飾られていた。このような絵が描けるようになるには、まだまだ修行しなくてはならない旅人だった。
[ 2010/01/17 05:50 ] 福井県 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム