水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  夕暮れの神通峡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夕暮れの神通峡

kankohasi0.jpg
             夕暮れの神通峡  

  神通川に沿う県道を散策した。このところの暖かさで雪が一気に解け出し、雪を気にせずに歩けるようになった。崖崩れ防止の柵の脇にフキノトウを見つけた。つぼみはまだ固い。開花までにはまだ時間がかかりそうだ。
竹林の横を通ると、たくさんの竹が倒れ、ジャングルのようになっていた。今年の雪で曲がったり、折れたりしたようだ。今年はやはり大雪だったようだ。
  道路にハザードランプが点滅する車が止まっていた。その近くに人影を見つけた。どうやら、フキノトウを探しに来た人たちのようだ。山菜取りの人で賑わう季節がやって来たようだ。さっき見つけたフキノトウもこの人たちが摘んでいくのだろう。
  川の方から人の声が聞こえて来る。崖下を覗くと、大きな白いボートが浮かんでいた。漕艇の練習をしているようだ。八人乗りだ。そのすぐ横をモーターボートが伴走していた。声はモーターボートから聞こえて来る。叱咤激励の声のようだった。しばらく見ていたら、ボートは、夕暮れ迫った赤い観光橋の向こうへ消えていった。美しい風景だった。
[ 2010/02/28 14:21 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。