水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  富山市 >  楡原八幡宮

楡原八幡宮

 nireharahatiman103.jpg
                 楡原八幡宮

  楡原集落の鎮守様である楡原八幡宮は、小高い丘の上にある。このお宮さんでは季節毎に祭事が催される。二月には新年の例祭が執り行なわれた。祭壇に餅やお神酒が供えられ、神主さんが祝詞を上げ、集落の人々が玉ぐしを捧げる。旅人もお参りした。
  村史を調べたら、「創建ははっきりしないが、鎌倉時代初期、畠山重忠がこの地に隠棲したとき、鎌倉武士の崇高が厚かった鶴岡八幡宮の分霊を仰ぎ、この地に祀ったことにはじまる」と、記載されていた。この近くには上行寺がある。上行寺は畠山重忠の菩提寺であるが、楡原八幡宮も畠山重忠と深くつながっていた。
  楡原集落の人たちは法華経の堅い信徒で、上行寺へのお参りを欠かさないが、楡原八幡宮も大切に守っているのは、鎌倉時代の武将畠山重忠と深いつながりがあることを知った。
  石垣の傍らでスイセンが黄色い蕾を開き始めている。四月十日にはこのお宮さんで春祭りが開催され、獅子舞が奉納される。獅子舞を練習する笛の音が聞こえ始めた今日この頃である。
[ 2010/03/22 07:56 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム