水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  富山市 神通峡の観光スポット  猪谷かいわい >  猪谷の獅子舞

猪谷の獅子舞

Iinotanisisimai.jpg
              猪谷の獅子舞
 
  飛騨から伝わったといわれる猪谷の獅子舞。胴の中に二人が入り、前足と後足を演じる二人立ちの獅子である。この獅子舞は、金蔵という鬚を生やし、鳥毛をさした兜をかぶり、きらびやか衣装に身を包んだ武者がいることから、金蔵獅子と称される。
  演目は、金蔵が槍で獅子を討ち取る金蔵獅子、金蔵が御幣を持って獅子を舞う神楽獅子、獅子が蛇を捕って食べる蛇獅子、前足と後足がアクロバットを演じる曲獅子の四種類が基本になっている。獅子舞には、獅子をあやすササラ、道化約の天狗、踊子も付き、笛や太鼓の音に合わせて賑やかである。
  今年は、四月十七日が春祭りの当日である。西禅寺境内は、たくさんの人で賑わうことだろう。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム