水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  富山市 神通峡の観光スポット 猿倉山 >  猿倉山からの風景 その六  「猿倉社」

猿倉山からの風景 その六  「猿倉社」

sarukurasya.jpg
                    猿倉社
 
  猿倉山の山頂に小さな社があり、猿倉社と表示がある。社は、大正三年に地元の人たちによってここに建てられたが、建物の傷みがひどく、現在の社は、昭和五十六年に再建されたものだという。
  この社が建てられた時のいきさつが語り継がれているので紹介しよう。
「昔、船峅南部にはよく霧がかかり、苗の生育時期に大事な陽がささず、不作続きでした。思いあまった村人たちは、猿倉山頂に霧除けの神を奉ろうと相談。地元の大工柳瀬宇太郎、柳瀬源太郎、久野木刀次郎の三人が祠を建立。
  翌年(大正四年)の七月二十五日、山本政次郎という人が飛騨吉城郡上宝村早保(はややす)から円空菩薩に写した二十五菩薩を奉斎したところ、霊験著しく、霞がかからなくなり、五穀豊穣の地帯となったということです。」(おらっちゃの大沢野ハイパー風土記)
  今も、七月二十五日には、この社の前で、帝龍寺のお坊さんによって霧の害を払う祈祷が行われているという。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム