水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 >  富山市城址公園  富山城

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

富山市城址公園  富山城

toyamajou2011420.jpg

  「ハイ ポーズ」。ここは、富山市城址公園の中でも、最高の撮影ポイントである。とくに、桜が咲くこの時期には、ひっきりなしに人が訪れて、賑わっている。
後ろに見える富山城は、昭和29年、この辺り一帯で開かれた富山産業博覧会のおりに、富山復興のシンボルとして、鉄筋コンクリート構造による模擬天主として建てたものだそうだ。
  富山城は、戦国時代には佐々成政が居城とし、江戸時代には、富山前田家の城であったが、天守閣は存在しなかったのだという。富山の人々は、この模擬天主を、親しみを込めて、「富山城」と呼ぶようになり、その名称は、今も引き継がれている。
  この富山城は、博覧会が終わった後、富山市郷土博物館として運営され、戦国時代に築城されてから400年以上にわたる富山城の歴史を、貴重な資料などで紹介している。入館料は一般200円である。見学コースの一つに入れてみてどうですか。



「被災地のみなさんへ。みなさんと心はひとつ。生きる望みを捨てないで、がんばってください」と祈っています。
[ 2011/04/23 10:20 ] 富山市 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。