水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ふらり きままに >  ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-1

5 韮崎市から甲府市へ その1

 午前6時起床。疲れはない。荷物を整理し、7時過ぎ1階の食堂へ行く。作業服を来た人たちが食べ始めていた。日曜日なのに仕事に出掛けるようだ。バイキング方式だが、品数が少ないと思った。朝食を終え、熱いコーヒーを飲んだ。コーヒーが美味しかった。
 
 部屋へ戻り今日歩く道を、昨日貰った地図で調べた。韮崎からは旧甲州街道を歩いて甲府まで行けるようだった。道のりは20kmほどだ。天気もよいし、のんびり歩いても昼過ぎには着けそうだ。
 
 午前8時ホテルを出発した。旧道は韮崎市内を中央本線に沿うように伸びていた。繁華街も人通りはほとんどなかった。交差点に「ミニバスケット会場」というプラカードを持って立っているおばさんがいた。今日はどこかこの近くで大会があるようだ。旧道を歩いて行くと、ほとんどの交差点に同じプラカードを持ったおばさんが立っていた。ミニバスケットの会場はよほど分かりにくい場所で開かれるのだろう。朝早くから親たちが子どものために頑張っているのだと思った。
 
 40分ほど歩いた所で富士川の河川敷が見えて来た。遠くには南アルプスの白い峰も見える。今日はどこかで富士山が見えるのかも知れない。それを期待しながら富士川に架かる大きな橋を渡った。
 
 塩崎駅を過ぎた辺りから旧道の雰囲気が漂う街並みが続き始めた。立派な土蔵が建つ旧家がある。あまりの立派さにしばらく見とれていたら、黒塗りの車が2台その家へ入って行った。「こんな朝早くから何かあるのだろうか」と思い、少し前へ進んで家の中を覗くと、着物を来た若者が箒を持って庭を掃いているのが見えた。黒塗りの車からは黒い背広を来た男たちが下りて来た。不思議な光景を見ている感じがした。じろじろ見ていたら、着物の若者が睨んだので恐くなってその場を離れた。私の知らない世界がしっかりと存在していた。

 しばらく歩くと道が2つに分かれていた。左に曲がるのだろうか、それとも真直ぐ進むのだろうか。表示がないのでよく分からない。しばらく交差点でうろうろしていた。少し離れた所で工事をしている親父さんがいたので、聞いてみることにした。「旧甲州街道を歩いているのですが、どちらへ行ったらいいでしょうか」「旧甲州街道は、左の道だよ。中央線のガードを潜ってから、道を上って行くと1時間程で竜王町へ着くよ」鉢巻を巻いた親父さんは親切に教えてくれた。びっくりしたのは、その親父さんの乗っているトラックだった。フロントガラスに大きなひび割れがあるのだ。頭がぶつかってできたひび割れのようだった。「これ衝突したのですか」「ああ、昨日ね」親父さんはニヤニヤしながら答えた。「怪我はなかったのですか」と聞くと、「いやこの通りピンピンしているよ」と鉢巻を巻いた頭を撫でていた。「フロントガラスがひび割れたトラックが走って来たら、みんなビックリして振りかえるだろうな」と思った。

image4213.jpg
 
 ガードを潜り、道を進んで行くと古い家並みがずっと続いていた。土蔵やナマコ壁のある家が連なり落ち着いた感じの街並みだった。

 緩やかな上り道からやがて平坦な道に変わった。小高い丘の上を道は通っているようだ。歩道がなくなり、路側帯を、車を気にしながら歩くことになった。平日ならトラックがたくさん通るのではないだろうか。路側帯には太い轍がたくさん付いていた。
 
[ 2012/04/20 11:45 ] ふらり きままに | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-1】
5韮崎市から甲府市へその1午前6時起床。疲れはない。荷物を整理し、7時過ぎ1階の食堂へ行く。作業服を来日曜日なのに仕事に出掛けるようだ。バイキング方式だが、品数が少ないと思った。朝食を終え、熱いコーヒーを飲んだ。コーヒーが美味しかった。部屋へ戻り今日歩く道?...
[2012/04/20 11:55] まとめwoネタ速suru
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。