水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  ふらり きままに >  ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-2

ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-2

5 韮崎市から甲府市へ その2

 竜王町に入った。家が多くなり、山の下に家並みが見えて来た。坂道を下って行くと、坂を上ってくるおばあさんに出会った。「こんにちは」と声を掛けた。「まあ、貴方が犬を連れて歩いて来たかと思って心配していたのよ。手に持っていたのはステッキだったのね」おばあさんは犬がいなくて安心した様子だった。「大きなリュックを背負って、どこまで歩くの」おばあさんが聞いてきた。「東京まで行こうと思って、下諏訪から歩いて来たのです」と答えた。「ええ、そりゃあすごい。いろんな人に会ったのでしょうね。山梨県の人はどうでしたか。みんな親切でしょう」と話が返って来た。山梨県の人と言われても、まだよく分からなかったが、「そうですね」と返事をした。「でも、北海道の人はもっと親切ですよ」と更に話が進んだ。私も北海道ではたくさんの人から助けられた思い出がある。「北海道の人は特別ですよ」と合槌を打った。「私は3年前まで北海道の浜中に住んでいたのよ。やはり北海道はいいわね」おばあさんは寂しそうな顔をした。都会に住む子どもの家へ越して来たのだろうが、長く住んだ故郷が忘れられないのだ。「頑張って東京まで行きなさい。お気を付けて」と励まされておばあさんと別れた。
 
 坂道を下ると車が2台やっと擦れ違えるほどの道幅になった。しかし、この道はこの町の生活道路だった。人が車を避けながら歩いていた。自転車に乗っている人もいた。交通事故が多発しているのではないだろうか。私も車を気にしながら歩いて行った。
 
 ふと、道路の横にある溝の中を見た。少しよどんだ水溜りの中に小魚がピチピチと跳ねていた。それは小ブナだった。何十匹と固まっている所もある。街中といえ、ここはやはりきれいな水が残る田舎なのだと思った。網を持ってフナを追い掛ける子どももいるのだろうが、この道ではすぐ交通事故になりそうだった。この交通事情が子どもたちからフナを守っているのかも知れない。
 
 竜王駅前を過ぎ甲府へ向う。甲府まで4kmほどだ。狭いがしっかりした歩道が付いている。もうすぐ甲府の町だ。

image4211.jpg
 
 立派な建物が見える。「山梨県立美術館」と看板が出ている。大きな公園の中に美術館はあった。芝生の青さとブロンズのモチーフ、紅葉した木々が調和して美しい。たくさんの家族連れが公園を散策して賑わっていた。ここには「山梨県立文学館」も併設されている。時間をたっぷり取って美術館と文学館を見学して行くことにした。
 
 リュックを受付に預け、美術館から見学した。常設展には有名な画家の作品がずらりと展示されていた。特に目を引いたのがミレーの作品だ。「落ち穂拾い」「種を撒く人」など教科書で勉強した作品が掛かっていた。コルヴィッツという人の版画は迫力があった。
 
 続いて、文学館に入った。高校生の頃あこがれていた芥川龍之介の「羅生門」の草稿や「或阿呆の一生」の原稿が展示してあった。芥川龍之介は几帳面で神経質な文字を書いていることが分かった。樋口一葉、太宰治の原稿や手紙なども展示してあった。道を歩いていて、美術館や文学館まで見学できラッキーな日だと思った。公園で日向ぼっこもして、12時少し前に美術館を後にした。

 しばらく行くと大きな川に出た。「荒川」と表示がある。「まさか東京を流れる荒川ではないはず」と思った。もちろんこの川は富士川の支流なのだ。手前にレストランがあるので昼食にした。日曜日なので店内は家族連れで混んでいた。カツランチを注文した。30分近く掛かってやっと注文の品が届いた。ボリュームたっぷりのカツランチだった。

IMG_4212.jpg
 
 橋を渡り始めた。見上げると何と富士山が見える。白く雪化粧していた。嬉しくなった。山梨県をずっと旅していてやっと出会えた富士山だった。橋の下の川原は公園になっている。初めて見た富士山をスケッチして行くことにした。絵を描いていると野良犬が吠え出した。誰に吠えているのだろうと思ったら、私に向かって吠えていたのだ。風体のよくない男が芝生に座っているのだから、犬が吠えるのも仕方がない。睨みつけたら犬はすごすごと離れて行った。昨日から、犬には縁があるようだ。自分でも少し納得できる富士山のスケッチになった。美術館を見学したお陰かもしれない。
 
[ 2012/04/21 04:56 ] ふらり きままに | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【ふらりきままに 甲州街道を歩いて下諏訪から新宿へ 5-2】
5韮崎市から甲府市へその2竜王町に入った。家が多くなり、山の下に家並みが見えて来た。坂道を下って行くと、坂を上ってくるおばあさんに出会った。「こんにちは」と声を掛けた。「まあ、貴方が犬を連れて歩いて来たかと思って心配していたのよなくて安心した様子だった。...
[2012/04/21 05:11] まとめwoネタ速suru
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム