水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  ふらり きままに >  初心者マークの車で走った北海道の旅

初心者マークの車で走った北海道の旅

第6日目 松前から函館そして青森へ

 午前5時過ぎに起床。体調は良い。洗面を済ませ、荷物の整理をした後、釣りに出掛ける。民宿の前にある港で釣ることにした。

DSCF0056.jpg
昆布の水洗い作業
 
 早朝だというのに、港には人の姿がたくさん見えた。近づいて行くと、昆布の水洗い作業していた。
「朝早くから大変ですね」と作業をしている親父さんに話し掛けた。
「この辺りは昆布を養殖しているのだよ。今が1番忙しい時期だね」と大きな昆布を、機械を使って水で洗い、決まった長さに切断していた。
「このへんの昆布はどういう名前で出荷しているのですか」
「特に名前はないが、松前昆布というのだろうかね」親父さんは少し困った顔をしていた。北海道産昆布として販売されているのだろうか。
 昆布作業をしているすぐ近くで竿を伸ばして釣を始めた。オキアミを撒くとたくさんの小魚が寄って来た。竿に手応えがあり、小さなサバが針に掛かって上がって来た。小アジも掛かった。そのうちにフグばかりが釣れ出し、フグ釣にきているようになった。

 DSCF0058.jpg

 大きな手応えがあり、竿が大きくしなった。釣り上げるまでに時間が掛かった。昆布作業の親父さんも見に来るほどの大物だった。大きなウグイだった。「こりゃあ大物だ」と親父さんは笑っていた。北海道でもウグイは外道の魚になっているようだ。
 午前7時、民宿へ戻る。食堂には朝食の準備ができていた。干物と納豆、漬物、卵焼きなどが並んでいた。
「これ食べてもらえますか」とお上さんに、釣ったサバやアジの入った袋を渡した。
「この前より大きいのが釣れるようになったのですね。食べさせてもらいますよ」とお上さんは笑顔で受取ってくれた。
 朝食も終り、勘定を済ませ、民宿を出発した。この民宿でも宿帳は書かなかった。私の名前も住所も民宿のお上さんは尋ねる様子はなかった。行きずりの旅人を泊める商売では、名前を聞かないということは当然のことになったのだろうか。とても寂しい時代になってしまったような気がした。
 午前8時出発。福島町に入る。「福島町道の駅」で休憩する。相撲記念館がある。時間が早いのでまだ開いていないが、千代の富士や若の花の幟が何本も立っている。福島町出身の横綱千代の山と千代の富士の偉業を讚えるために平成9年、町が完成させた記念館だという。北海道は強い相撲さんがたくさん出た地域である。最近北海道出身の関取がいなくなってしまったという話は北海道の人にとっては残念なことだろうと思った。
 函館まで残り50km。北海道らしい真直ぐの道を時速80kmで走る。それでも追いぬかれる。ここは高速道路のようである。
 初心者マークを付けた車で小樽から500km近く走って来た。途中、もたもた走っていて、トンネル内でトラックに追い越されたこともあったが、しっかり目を開け、安全運転に心掛けてきた。そして、午前9時50分、小樽港フェリー乗場に無事到着した。めでたし、めでたし。
 フェリーへの乗船手続きを終え、乗船を待つ。青森からフェリーが到着した。この船に乗るのだ。北海道へお盆で里帰りする人や観光の車が続々と出てくる。30分近く過ぎたのにまだ車が降りてくる。一体何台の車が積めるフェリーなのだろうか。300台?いやそれよりたくさんの車を積んでいたように思った。
 いよいよ乗船。フェリーへの乗船もこれで2回目。だいたいの要領が分っているので楽だった。所定の位置へ停車し、必要な物を持って客席へ移動した。青森へは、3時間半ほどで着く。

DSCF0059.jpg
函館港で
 
 満員の客席で、昼ご飯のほか弁を食べながら、青森から再び始まる車での冒険旅行のことを考えた。今晩は、青森市近くの宿に泊ることになりそうだが、また新しい出会いがあるのだろう。気ままな旅は、歩かなくても、車で出掛けても十分に楽しめることがわかった。このことが、今回の旅の最大の収獲だったように思う。

終りに 

青森港に着いた後、国道7号線を走り、8月13日(月)は大鰐温泉に宿泊した。涌き出る温泉は物足りなかったが、山間にある鄙びた温泉街だった。

DSCF0061.jpg
国道7号線を走る車から
 
 翌日、8月14日(火)は国道7号線を走り続け、秋田市から山形県酒田市を抜け、新潟市に着いたのが午後6時。北陸自動車道に入り、富山県細入村の自宅へ午後11時前に無事到着した。1日で青森から富山まで走り抜いたのだから、無茶だといえば無茶な話だが、初心者マークを付けた車での冒険旅行を無事終えることができた。この旅行で走行した距離は1560kmだった。めでたし、めでたし。(完)    
 
                         
 
 

[ 2012/07/11 08:12 ] ふらり きままに | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【初心者マークの車で走った北海道の旅】
第6日目 松前から函館そして青森へ 午前5時過ぎに起床。体調は良い。洗面を済ませ、荷物の整理をした後、釣りに出掛ける。民宿の前にある港で釣ることにした。 昆布の水洗い作
[2012/07/11 18:26] まとめwoネタ速neo
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム