水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  ふらり きままに >  気ままな旅人の「車で長旅する方法」

気ままな旅人の「車で長旅する方法」

②風呂はどうするの? 

 温泉のある道の駅があれば最高ですが、いつもは、町や村にある日帰り温泉を利用しています。最近の日帰り温泉施設の充実にはびっくりしています。ほとんどの町や村に一つはそういう施設が作られています。旅人が、旅をしていて風呂に入れなくて困ったということは、ほとんどありません。

mino0002.jpg

 ただし、入浴料が200円とか300円という格安の温泉に入る時は注意が必要です。そういう温泉は、シャンプーや石鹸は用意してありません。タオルだけ用意して入ってしまい、困ったことがありました。備えあれば愁いなし。シャンプーや石鹸も風呂用の手提げ袋に準備しておくことが大切です。全国各地の温泉に入ることは、旅人だけでなく旅する者の最高の楽しみでしょう。全国には本当にいろんな温泉があるものです。


[ 2012/07/18 06:46 ] ふらり きままに | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム