水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  富山市 神通峡の観光スポット  片掛かいわい >  神通峡をたずねて  片掛かいわい9

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡をたずねて  片掛かいわい9

伝えたいお話あれこれ   大正時代の頃のお話1

大正期の片掛 

 大正期の片掛には、かなりの商店・運送店・職人が集まっていた。

img8212.jpg

 この頃の片掛の戸数は八十数戸で、庵谷発電所工事時は、臨時世帯を含め一〇三戸あったという。
 
 その中でも特に旅館業は、四軒もあった。一月下旬から二月になると、高山や古川から、信濃の製糸工場へ女工として出向く娘たちが、どの宿にも泊まった。彼女らは、斡旋業者につれられ、一時に百数十人という想像を絶する人数が富山に向かって行った。あまりにも多いときは、一般の家にも宿泊したという。その時は、お茶代として宿泊費が各家に入ったので、庵谷峠まで多数の村人が見送ったこともあったという。
 
 古老からの聞き取りによると、細入村からも、明治末期に野麦峠を越えて信濃へ糸引きにいった例があるという。しかし、富山県から大量の製糸工女が出るようになるのは、大正二年の北陸線開通によって、富山~直江津~長野~高崎が結ばれるようになってからである。この頃になると、細入村においても、豊かな家の娘を除いて、多くの娘たちは、尋常小学校を卒業するとすぐに糸引きに出るのが、普通となった。
 
 片掛には、銀行・郵便局・警察も置かれていた。金融・通信・治安という点でも、細入村および周辺地域の中心だったのである。

 img8267.jpg
 当時郵便局と銀行が併設されていた坂野家

 また、片掛には、明治二十年頃から、近郷源治氏という人が医院を開業していた。この人の家に乃木将軍が宿泊した話は、有名である。明治四十一年近郷氏が富山へ転居され、しばらく医者のいない村になったが、地域や企業の支えで、大正十三年から昭和九年まで、医院が開設され、地域医療にあたった。
 
 明治十五年の春祭りには、坂野善助宅の家と土蔵の間に仮屋を造り、富山から楽屋職人を招いて舞台を造った。舞台小屋は、近郷源治が自費で建てたが、後に部落が管理することになった。この時の「先代萩竹ノ間御殿場安達ケ原」という芝居は、近在に響き渡ったという。
 
 大正九年、この舞台で活動写真が上映された。
 
 また、このころ、楽隊ができていた。楽隊は日露戦争の旗行列にも参加し、また、猪谷小学校の運動会には必ず出演したという。もちろん我流でなく、富山から師匠を招いて、分教場でよく練習したという。
 
 当時の片掛は、飛騨街道沿いでは、大久保・船津・角川・高山などと並んで、「まち」としての諸機能がほぼ完備していたところであったといえる。
 
 このような片掛の繁栄も、昭和十年に飛越線が開通し、猪谷に駅ができるとかげりをみせ、さまざまな商業機能は、猪谷へ移っていった。          「細入村史」



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。