水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  ふらり きままに >  紅葉を尋ねて13

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅葉を尋ねて13

青森県の旅

その2 十和田湖
 
 
 十和田湖は強風が吹き荒れ、高波が立っていました。風が冷 たく持っていたジャンパーを車から引っ張り出して着込みました。

k10.jpg

 港があり、遊覧船が波間に揺れています。こんなに強風が 吹いていても十和田湖遊覧に出かけるのです。「午後一時発の便にご乗船の皆様は、デッキへ移動してください」とアナウンス が聞こえてきました。観光バスでやって来た人たちが乗り込むのでしょう。  
 
 十和田湖と聞くと、旅人が連想するのは、和井内貞行が育てたヒメマスです。小学校の国語の本で勉強したことをはっきり覚えているの です。お土産屋の店先を覗くと、ヒメマスの飴煮が置いてありました。25センチメートル1500円もするのであきらめました。今でもヒメマスは貴重な魚なのでしょう。

k26.jpg

  十和田湖を周遊する道路を走りました。十和田湖はカルデラ湖で, この道路は外輪山に作られています。一周50キロメートルあるといいますから、十和田湖がいかに大きいかが分かります。

k18.jpg

 黄色く色付い たブナ林の中を車は進んで行きます。木々の間からこぼれてくる日差しは柔らかで、冷たい強風が吹いていなければ、落ち葉の積もった草 原に寝転んでみたい気分です。紺碧の湖と赤や黄色いに色付いた木々とが素晴らしい風景を作っていました。

k27.jpg

 高台から眺めた十和田湖の景 色も素晴らしかったです。








[ 2012/11/13 06:32 ] ふらり きままに | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめ【紅葉を尋ねて13】
青森県の旅その2 十和田湖     十和田湖は強風が吹き荒れ、高波が立っていました。風が冷 たく持っ
[2012/11/15 08:17] まっとめBLOG速報
プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。