水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その15   尾萩野の首なし地蔵さん  富山市小糸

神通峡かいわいの昔ばなし  その15   尾萩野の首なし地蔵さん  富山市小糸

koito7.jpg

その15   尾萩野の首なし地蔵さん  富山市小糸

はじめに
しょうわ 30ねんだい、 こめづくりを しやすく するために、 すいでんの こうちせいりが ありました。 おおきな きかいが はいり、 れんじつ たいへんな さぎょうが おこなわれました。 のぼとけの さとの ほとけさまたちも だいいどうして、 せいりされた ころの おはなしです。
ちょっと むかしに あった おはなしですが、 「おはぎの」と いう ところで、かいたくが はじまったころの ことです。 そのころの 「おはぎの」は、ひと ひとりが ようやく とおれる くらいの ほそい みちでした。
みちの まがりかどに じぞうさんたちが ならび、 くさが のびると じぞうさんたちを めあてに あるいた ところです。
そんな のどかな ふうけいが ひろがる 「おはぎの」だったのです。
「おはぎの」では、 よっつの むらの ひとたちが あつまり、 はたけしごとに ごぼうやら にんじんなどをつくり、 ちかくの むらへ うりにいって、 こずかいかせぎを して くらして おりました。
いちめんに くわのきが あり、 かいこさまを はる、 なつ、 あきと さんかいも かいました。
かいこさまからは まゆを とり、 その まゆから、 やわらかい きぬのいとを とりました。
そのころの こどもたちは おやつも ないので、 がっこうが おわると、 いそいで はたけへ いって、 おやつがわりに くわのみを くちのまわりが むらさきいろに そまるくらいに たべたものです。それが なによりの たのしみの ひとつでした。
そんな 「おはぎの」に だいじけんが おきました。 その くわばたけを おこし、 たんぼにして こめを つくることに なったのです。
あるひ、ブルドーザーが はいって きました。 おおきな おとで、 ガアー ガアー。 ゴロゴロ ゴロゴロ ゴロゴロゴー。
むらの ひとたちは おどろき、 いそいで おじぞうさんたちを すこし はなれた やまての ばしょへ うつしました。
それから しばらく こうじが つづき、 すこし たいらな ところが できたので、 むらの ひとたちは あたらしい たんぼを つくる しごとを していました。
すると、 くわのさきに カッチンと あたる まるい いしに、 おばさんは びっくり!
ほりおこして みて、 おばさんは にど びっくり!
「ありゃ りゃ りゃ! これはたいへん! おじぞうさんの あたまかも しれんよ!」
くさのなかに あった おじぞうさんが、 こうじのときに ブルドーザーに とばされたのかも しれません。
おばさんは、 まわりに どうたいが ないかと、 あっちこっち さがしました。 ありました! くびのない おじぞうさんが、 みつかりました。
あたりを キョロキョロ みわたすと、 いっしょに しごとを していた おじいさんが みえました。
よぶと、 おじいさんも とんできて びっくり!
「これは これは もったいない。 おじぞうさんの あたまは、 おれが つけてやろう」と おじいさんは、 たいせつに いえに もちかえりました。
きれいな みずで あらって みると、 なんとも かわいい おかおの おじぞうさまでした。  
おじいさんは ていねいに コンクリートを ねり、 あたまと どうたいを つけてあげました。
しばらくして、 もとの すがたに もどった おじぞうさまを、 きれいになった だいちに そっと かえしてあげました。
やはり、 もとの だいちが うれしいのか、 おじぞうさまは、にこやかな すがたになり、 しずかに てを あわせて いらっしゃいました。
それからのち、 ふしぎなことがおきました。
ながいあいだ あたまが いたくて おばさんは こまって おりましたが、 もとの すがたに なられた おじぞうさまの おかげで、 ずつうが すっかり なくなりました。                                  おしまい
      民話出典  「下夕南部野菊の会  紙芝居」より
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム