水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その61   百足ガ淵   富山市岩木

神通峡かいわいの昔ばなし  その61   百足ガ淵   富山市岩木

FullSizeRender.jpg

その61   百足ガ淵   富山市岩木

大沢野町の岩木の上に百足ガ淵という淵があった。神通川が底深く、うずを巻いて大変気味の悪いところであった。
この淵に十メートルもあるむかでの精が棲み、夏の日射しを好み、しばしば川原へはいあがって日なたぼっこをしていた。そんな時、真っ黒に光る背中と真っ赤な腹が鎧のように輝いているのがよく見えた。水に沈む時は神通川が黒光に光ったという。
ある年のこと、神通村きっての水練の達人河原覚浄という人が、この淵に綱を投げたが、どうひいても綱があがらなくなった。さては例のむかでの化け物だなと思い、水潜りしてでも見参するぞと広言すると、たままち一・八メートルほど舟を盛り上げた。覚浄は負けずに「やい、いい怪物、卑怯であろう。姿を見せい」と怒鳴った。すると淵の東の崖下に天女のように美しい女が現れたので、覚浄はなんと優しい化け物もいるものかと感心して、思わず舟端を叩いて誉めそやすと、女の姿がすっーと消えて、綱はスルスルと上ったという。
屑竜
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム