水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その62  いぼとりの水  富山市牛ガ増

神通峡かいわいの昔ばなし  その62  いぼとりの水  富山市牛ガ増

FullSizeRender (4)

その62  いぼとりの水  富山市牛ガ増

笹津と牛ガ増の村境に平岩という大きな岩がある。むかし、対岸の西笹津が大火になったとき、弁慶が馬に乗ってこの岩の上へ駆け上がって眺めたといい、今も馬の蹄跡が残っている。また、この岩に直径60センチほどのくぼみがあって、いつも雨水が溜まっている。この水を「いぼとりの水」といい、いぼにつけると効き目がある。
大沢野町誌
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム