水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その64  塩出の池   富山市下夕

神通峡かいわいの昔ばなし  その64  塩出の池   富山市下夕

11174818_1495693464053991_3991169079079529171_n.jpg

その64  塩出の池   富山市下夕

大昔の白鳳元年(六七二)四月のこと、砺波地方に住んでいた弥鹿岐(みろき)という人が、大沢野の芦生に用事があって舟を急がせていた。
たまたま塩村のあたりで、朝もやの中から白髪の気品高い老人が現れ
「お前をなかなかの人物とみこんで、仕事を頼みたい。このあたりの人々は塩がなくて困っている。ところが、このすぐ近くにきれいな泉が湧き、美しい池をつくっている。この池の水を煮つめれば、よい塩がとれ、人々も喜ぶのだが、大変な仕事なので、めったな人間に頼むわけにゆかんのじゃ」といったかと思うと、老人はハッと光を放ちながら南の空へ姿を消していった。
 弥鹿岐は、これは尊い神のご支持に違いないと、さっそく教わった通り、たけなす草をわけていくと、まもなく美しい池のふちにでた。弥鹿岐は、人々を集めて一部始終を話し、力を合わせて塩を焼いてみると、すばらしいよい塩がたくさんとれた。人々は喜んで、この池を「塩出の池」と名づけ、塩神である塩土老翁命をまつる多久比礼志神社をたてて、神の恩にむくいた。
大沢野ものがたり
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム