水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記

団塊世代の親父のブログです。
水彩画で綴る  細入村の気ままな旅人 旅日記 TOP  >  スポンサー広告 >  神通峡かいわいの昔ばなし >  神通峡かいわいの昔ばなし  その68   とじこめられた天狗   富山市大久保

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

神通峡かいわいの昔ばなし  その68   とじこめられた天狗   富山市大久保

天狗

その68   とじこめられた天狗   富山市大久保

大久保地区の法林寺の境内に、一本の大きな松の木がそびえていた。夜になると、このあたりの名物の風が吹いて、ゴウッーとうなりをあげ、バサッ、バサッと大きな枝をゆすり、今にも襲いかかろうとする構えをみせるので、人々はここをさけて通った。
この松の大木に、いつの頃からか天狗が住みこみ、真夜中にバラバラバラットと屋根に小石を降らせたり、寝ているうちにふとんをぐるりとまわしておき、朝起きた人が変な顔をして首をかしげているのに興じたり、子どもをさらって二、三日かくしておいたり、とにかく村中が大さわぎするような事件を起こしてはおもしろがっていた。
 明治の中頃、法林寺では寺のまわりに石垣をめぐらした。
すると、その晩、住職の枕元に天狗が現れ
「わしの住んでいる松をどうして石垣でとりかこんだのか。とじこめられてきゅうくつでたまらん」というので
「石垣をつくろうが、つくるまいが、寺の勝手だ。お前がああこういう筋のものではない。かえってこちらが家賃をもらうのがあたりまえだ。だがお前の出方ひとつで、松だけ石垣の外にでるようにしてもよい」と答えた。
天狗はよほど困っていたとみえて
「どのようなことでもするが、一体その出方というものを教えてくれ」と、さもさも弱りきった様子だった。
住職は今だと思って起き上がり
「お前はいたずらばかりして村の人を困らせてはおもしろがっている。これからは一切いたずらはやめることだ。今後一回でも悪いことをすれば、石垣どころか、松の木を切り倒してしまうからそう思え」と声を荒げて叱った。
天狗は
「もう決していたずらはやらぬ。後生だから石垣の外へ出してくれ」と何度も頭を下げて消え去った。住職は翌日、さっそく石垣を積みかえて、天狗の松が外に出るようにしてやった。
大沢野ものがたり
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

細入村の気ままな旅人

Author:細入村の気ままな旅人
富山市(旧細入村)在住。
全国あちこち旅をしながら、水彩画を描いている。
旅人の水彩画は、楡原郵便局・天湖森・猪谷駅前の森下友蜂堂・名古屋市南区「笠寺観音商店街」に常設展示している。
2008年から2012年まで、とやまシティFM「ふらり気ままに」で、旅人の旅日記を紹介した。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。